結婚式場の探し方って?実体験に基づくおすすめの方法

結婚式場の探し方って?実体験に基づくおすすめの方法

「結婚式場の探し方っどうやればいいの?」という方向けだよ

こんにちは!本記事では、西野けいすけその嫁が実体験を元に「結婚式場のおすすめな探し方」についてお伝えします。

結婚式場の探し方!おすすめはこれだ!

先に結論を言ってしまうと、

一番試してよかったオススメの結婚式場の探し方は、下記を経由してブライダルフェア*に参加することです。

  • 結婚情報サイト経由または
  • 結婚式場紹介所(結婚式相談カウンター)経由
この時点では「ふーん」くらいで思っていただいて構いません。

以下ではもうその理由をお伝えするとともに、周りの人はどうやって結婚式場を探しているかについても共有しますね〜!

*ブライダルフェアとは
結婚式場を見学しつつ、試食やドレス試着をしたり、模擬挙式や模擬披露宴・見積もりをしたりできるイベント。主催するのは結婚式場。土日を中心に毎日のようにやっている会場が多い

結婚式場の探し方に関するアンケート

まず結婚式を過去にあげたことのある新郎新婦は、どうやって結婚式場を探したのかアンケートを公開します。

回答が多かった情報源から並べました(複数回答可)

情報源割合(%)
結婚情報誌65.0
結婚情報サイト54.9
挙式,披露,披露宴パーティ会場の公式HP36.9
結婚式場紹介所14.7
ブライダルイベント(結婚式場)15.0
友人・知人の紹介14.1
SNS10.6
親の紹介6.1
ブライダルイベント(結婚式場以外)6.2
一般の雑誌4.2
プロデュース会社の公式ホームページ2.0
タウン誌1.9
テレビCM1.8
勤務先の紹介(提携)1.3

※出典:ゼクシィトレンド2018

バーっと書いちゃいましたが、結婚式場探しにおいてほとんどの人が参考にしている主な媒体は

  • 1.結婚式情報誌
  • 2.結婚情報サイト
  • 3.挙式,披露,披露宴パーティ会場の公式HP
  • 4.結婚式場紹介所
  • 5.SNS
の5つです。

これらの違いを詳しく説明していきます。その前に結婚式場の共通する探し方について確認しましょう。

【大まかな流れ】結婚式場の探し方

「結婚式場を決定するまでにどういう流れを辿るのか」を図解したのが上記です。

基本的にたいていの人は雑誌や各サイトなどで、気になる結婚式場を調べて候補を5個くらいピックアップします。

実際にブライダルフェアを予約して、後日に結婚式場の見学を行うのが一般的です。参考までに2〜4件ほど回る人が多いですよ。

結婚式場の具体的な探し方

1.結婚式情報誌:オススメ度★★★

いわゆる雑誌のゼクシィを使って、結婚式場を探す方法だよ。

毎月全国で発売しています。載っている内容は下記です。

  • 結婚式場の情報
  • 結婚式に役立つノウハウ
本全体の半分程度が結婚式場の情報や、ブライダル関連の広告です。

ただし最近は購入する人が減ってきているようです。私もほとんど使いませんでした。

結婚情報誌の良い点

  • 1冊に情報がまとまっている
  • パラパラと流し読みがしやすい
  • 「結婚するんだわたし」という高揚感に浸れるw

結婚情報誌の悪い点

  • キャンペーン特典がほとんど受けられない
  • 重たい、デカイ
  • 購入費用がかかる

雑誌ゼクシィに関して以下でも詳しく記事を書いていますので、気になる方はあわせてご覧ください。

2.結婚情報サイト:オススメ度★★★★★

最近の主流は結婚情報サイトです。私も一番使いましたし最もおすすめの方法だよ。
結婚情報サイトでは、パソコンやスマホ上で一度にたくさんの結婚式場を比較することができますよ。

サイトはいくつかありますが、ほとんどの人が以下を使っています。

「どれを使えばいいの?」と思った方へ。

このブログではいつも言っていることですが、基本的には併用することをお勧めします。

サイトを経由しブライダルフェアに参加することで、商品券をもらえるからです。各々条件が異なりますので、そのとき一番お得なところを比較し、予約するのが賢いやり方になります。

各サイトのキャンペーン内容については、ゼクシィハナユメマイナビウエディングでどうぞ。

それぞれの詳しい違いについては、以下の記事をご覧ください。

結婚情報サイトの良い点

  • キャンペーン、キャッシュバックがお得
  • 情報が常に更新されている
  • 無料で使える

結婚情報サイトの悪い点

  • 掲載数が多くて迷う

3.会場の公式HP:オススメ度★★★

もうすでに結婚式場の候補が見つかっている人は「直接結婚式場やホテルのホームページからブライダルフェアを申し込む」という方法があります。

ただこの場合特典がつかないことがほとんどなので注意が必要です。

結婚情報サイトなどを経由する方がギフト券がもらえるため、公式サイトからの予約はおすすめしません。

結婚情報誌の良い点

  • 会場選びを迷わない

結婚情報誌の悪い点

  • キャッシュバック特典がつかない場合が多い
  • 他と比較できない

4.結婚式場紹介所:オススメ度★★★★★

結婚式紹介所は「結婚式相談カウンター」とか「ブライダルカウンター」などと呼んだりもします。

“けいすけ”

ここでは
  • 自分たちの希望に応じた結婚式場の紹介
  • 費用や結婚式全般の相談
  • 式場見学・ブライダルフェアの予約代行
などが全て無料で出来る場所です。

特に会場の候補が見つかっていない方や、選択に困った場合に便利ですよ。

人気なのはゼクシィカウンター、ハナユメデスク、マイナビウエディングサロンの3つ。

結婚情報誌の良い点

  • 膨大な選択肢から最適な結婚式場を絞ってくれる
  • 結婚式に関することが相談できる
  • 第三者の冷静な意見が聞ける

結婚情報誌の悪い点

  • 結婚式場の候補が狭まる可能性がある
  • カウンターはそんなに多くはない

それぞれのカウンターの違いやメリットに関して、詳細を以下の記事で書いています。

5.SNS:オススメ度★★★★

順位でいうと7位ですが、いま増えている探し方がSNSです。

“けいすけ”

主にInstagram、Twitterが人気となっています。花嫁さんがプレ花と称して、本アカと別のウェディング専用のアカウントを作る人が多いです。

序盤で利用するよりは、ある程度結婚式場の候補を絞った後でリアルな声などを見るときに役立ちます。

結婚情報誌の良い点

  • リアルな声が聞ける

結婚情報誌の悪い点

  • 情報がまとまっていない

【一覧表】結婚式場の探し方【比較】

これまで説明してきた内容を一覧にしてみました。

※スマホの方は横にスライドしてみてね

結婚情報誌結婚情報サイト会場の公式HP結婚相談所SNS
費用有料無料無料無料無料
メリット1冊に情報がまとまっているキャンペーンがお得、情報が最新会場選びを迷わない膨大な選択肢から最適な結婚式場を絞ってくれるリアルな声が聞ける
デメリットキャンペーン特典が受けられない掲載数が多くて迷うキャッシュバック特典がつかない場合が多い結婚式場の候補が狭まる可能性がある情報がまとまっていない
オススメ度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

まとめ:結婚式場の探し方って?実体験に基づくおすすめの方法

結婚式場の探し方についてお伝えしてきました!

おすすめは結婚情報サイト、結婚式紹介所です。

迷った方は一通り、使ってみて自分に会うものを取捨選択していくのもアリですよ。そんなにお金がかかるものでもないので。

ただ雑誌は使わなくてもいいかもww

そんな感じで理想のウェディングの準備を進めましょうね!そ〜グッド!

他にもこのブログでは結婚式準備に役立つ記事をたくさん書いていますよ♪