東京の結婚式場ランキングはこちら>

ブライダルフェアに初めて行く人へ【主に東京の方向けに解説】

“嫁”

ブライダルフェアに初めて行くときって、なにもわからないから不安だよね。
うん、最初はわからなくて当然。行く前にこれを知っておけば安心と思えるように注意事項をお伝えするね。特に東京の人に役立つ情報もお届けするよ。

“けいすけ”

 

ブライダルフェアを東京で初めて行く人への注意点

東京ではじめてブライダルフェアに参加する場合は特に時間に余裕をもって

東京のブライダルフェアに行く場合は、大半の人は電車で行くでしょうから、早めに着くように行動することをお勧めします。

私は15~20分前に着くことを心がけていました。割と早くついても対応してくれることがほとんどです。

東京は電車遅延が多いので。また知らない土地だと迷ってしまい予定より遅くついてしまうことがあるからです。

もし遅刻してしまうと申し訳なさから、聞きたいことが聞けなかったり、遠慮して見積もりの値引きがしづらくなってしまいます。

 

ブライダルフェア当日に契約しなくても問題ない

プランナーは「今日成約するとお得」とか「空きが埋まってしまいますよ」などど迫ってくる場合があります。

でも基本は無視してください。他と比較もせず、焦って当日決めるのは危険です。

「家族と相談します。確認できたら連絡します」でOKですよ。

特に東京なら会場はいくらでもありますからね。超人気な会場でなければ、後日でも割引してくれますし、空きがなくなることはあまりないため安心してください。

 

ブライダルフェアで写真撮影は可能

写真は取り放題です。教会・披露宴会場・料理・ドレスなど好きなだけ写真を撮りましょう。

私は1会場で50枚(会場によっては100枚。笑)とか普通に撮りますが、何か言われたり変な顔をされたことはありません。

ただ私は撮影する前に必ず「写真撮ってもいいですか?」と一声かけていました。そのほうが失礼がないかなと思います。

印象が良いと、後の見積もりに影響することもあります。当然人間なので。

 

 

ブライダルフェアの服装【東京】

本番の結婚式ではなく、あくまで見学ですので服装は基本的になんでも問題ありません。

私は東京の結婚式場・ホテルなど色々回りましたが、Tシャツ・ジーパンの人たちも普通にたくさんいますよ。ラフさも程度はありますけど。

詳細は【真実】ブライダルフェアの服装でジーンズはありか【公開】でも書いていますので、合わせてどうぞ。

 

結婚式費用の見積もりは必ずもらうこと

東京は特に結婚式場は無数にあります。比較材料とするためにも必ず見積もりはもらってください。

予算を提示することになりますが、低めの金額にしておくと良いです。

詳細は【重要】結婚式見積もりのチェックポイント【後悔しない】も、参考にしてみてください。

 

ブライダルフェアの試着

試着がある場合はだいたいサイトに書いてありますよ。

実際に試着するかどうかは、当日選べます。予約ページで「試着あり」と書いてあっても、断ることは簡単にできますよ。

もちろんドレスを着た後に写真も撮れます。ただし結婚式場によっては、種類が限られていることが多いのでその認識でいてください。

 

初めてブライダルフェアに参加するときによくある質問

ブライダルフェアに初めて行ったときは何を聞かれるの?

→だいたいどこのブライダルフェアでも、聞かれることは同じで以下です。

  • 名前・年齢・住所・職業→会社員、公務員、フリーターなどとかけば良い
  • 招待予定の人数→具体的な数字を書く
  • 結婚式の予算→具体的な金額を書く
  • いつ挙式をやるか→目安でOK
  • この式場に来た理由(ネット、知人の紹介など)
  • 結婚式で重視するポイント(料理、チャペル、披露宴会場、雰囲気、立地とかが一般的)

 

ブライダルフェアのときに住所とか連絡先を書くと連絡が来たりしない?

資料が送付されて来たり、近況の確認で電話がくることもあります。ただケースとしてはあまりないです。

私の場合は1、2回電話がくる程度でした。10会場中1,2会場から連絡がくるイメージです。

 

 

ドレスの試着があるから髪は束ねたほうがいい?

→不要です。結婚式場の美容室で、簡単にセットしてくれます。いつものままでいきましょう。

 

ぽっちゃりなので試着が心配

→気にしなくていいです。サイズは幅広く用意されています。

極端な肥満体質の場合は除く。

 

1日で2会場とか周ってもいいの?

1日で複数周ったほうが効率はよいです。ただ疲れます。

詳細はブライダルフェアのはしごは1日2回が限界です【3回はきつい】にも書いているのでどうぞ。

 

ブライダルフェアの料理は本当タダ?

無料と書いてあれば料金はかかりません。

有料となっている場合はサイトに必ず書いてあります。

集客や成約率アップのために試食をしているため、遠慮なく食べましょう。

おすすめの結婚式場探しサイトについては、結婚式場探しサイトおすすめを徹底比較【知らないと損】【失敗なし】に詳しく書きました。

サイトによってはキャッシュバック金額が違いますので、よく比較して損しない選択をすると良いです。

 

まとめ

  • 電車遅延を考えて早めに到着しよう
  • ブライダルフェア当日に焦って契約する必要はない
  • 写真は自由にとってOK
  • 服装は普段着でOK
  • 費用見積もりは必ずもらうべし
  • よく聞かれることに対しては少しでいいから回答を考えておこう

そうすれば当日安心してブライダルフェアに参加できますよ!そーグッド!

ツイッター(@keisuke_nishino)でも、結婚準備に役立つ情報をつぶやいています。