専門式場・ホテル・ゲストハウス・レストランの違いを全まとめ

専門式場・ホテル・ゲストハウス・レストランの違い

「専門式場・ホテル・ゲストハウス・レストランとか色々あるけど違いはなに?」

「どんな種類の会場があるの?」

という方向け。

嫁ちゃん

どこがいいのかよくわからないよね
違いを知っておこうね

けいすけ

昨年結婚式を挙げ、結婚式本を10冊以上読んだ西野けいすけと嫁ちゃんが、以下を解説していきます。

わかること
  • 専門式場・ホテル・ゲストハウス・レストランの違い
  • それぞれのメリット・デメリット

専門式場・ホテル・ゲストハウス・レストランの違い

結婚式場の会場の種類において、4つのパターンがあります。

  • 専門式場
  • ホテル
  • ゲストハウス
  • レストラン
それぞれの違いをこれから説明していきます。

人気なのは専門式場とホテル

先輩花嫁たちがどこでやったかのアンケートによると以下のとおりです。

割合
専門式場39.5%
ホテル23.1%
ゲストハウス(ハウスウェディング)20.3%
レストラン6.0%
ホテル・式場・会館内のレストラン5.9%

※出典:ゼクシィトレンド2017

エリアによっても若干異なりますけど、人気2TOPは専門式場とホテルが毎年恒例となっています。

違い一覧表

一般的に、会場ごとの12個の特徴を◎◯△✕で比較してみました。

あくまで平均的な比較なので、個別に会場を見る場合と若干異なります。

専門式場ホテルゲストハウスレストラン
費用の安さ
料理
フォーマル感
プランナーの質
ドレス
控室
挙式会場の種類
披露宴会場の種類
収容人数
貸し切り度
自由度
親の安心感

少し主観も入ってしまっていますが、事実としてこの評価が間違いありません。

項目別に解説していきます。

1.費用の安さ

会場の費用について、安い順に並べると

「レストラン>専門式場>ホテル>ゲストハウス」の順番になります。

費用の相場
ホテル414.8万円
ゲストハウス433.8万円
専門式場(一般の結婚式場)391.3万円
レストラン287,8万円

※出典:ゼクシィトレンド首都圏2018

ゲストハウスは建物をまるごと貸し切るため高くなります。

ホテルは招待客が多いケースが多かったり、一部の高級ホテルが平均を押し上げてるのが理由。

くわしくはこちらをご覧ください

2.料理

料理の質は一般的に「レストラン>ホテル>専門式場>ゲストハウス」で高いことが一般的。

もちろん会場によっては、順番が逆になることもあります。

3.フォーマル感

フォーマルな印象を与える会場は「ホテル>専門式場>レストラン>ゲストハウス」の順で高いです。

逆にカジュアルかつアットホームにやりたいなら、ゲストハウスやレストランが向いています。

これは好みの問題です。

4.プランナーの質

ブライダルプランナーの質は「専門式場>ホテル>レストラン=ゲストハウス」で高いことが一般的です。

専門式場のその名の通り、結婚式に特化した施設なので、プランナーの専門性が高くなります。

5.ドレス

ドレスの種類は「専門式場>ホテル>レストラン=ゲストハウス」のケースが多いです。

やはり専門式場は専門なだけあって、扱うブランドの種類がひときわ豪華。

6.控室

新郎新婦控室やゲスト控え室は「専門式場>ホテル>ゲストハウス>レストラン」の順で充実している傾向にあります。

専門式場は結婚式のためだけに作られた設備だけあって、控室も広くておしゃれです。

ホテルは割と古めの環境が多く、ゲストハウスは場所によりけり、レストランの場合はかなり狭かったり、どこかへの部屋を仮に使用するだけということもあります。

7.挙式会場の種類

挙式会場は「専門式場>ホテル>ゲストハウス=レストラン」の順で設備が豊富。

専門式場やホテルはたいてい、チャペルと神殿の両方があるため、キリスト教式・人前式・神前式ができます。

チャペルだけも2つ以上会ったりすることも多いです。

ゲストハウスやレストランはそもそも挙式会場がなかったり、あっても小さかったりするケースがあります。

8.披露宴会場の種類

披露宴会場については「専門式場>ホテル>ゲストハウス>レストラン」の順で豊富なことが多いです。

専門式場やホテルは1つの施設で何パターンもの披露宴会場を用意しています。

一方でゲストハウスやレストランは1部屋や2部屋だけだったりということが。

9.収容人数

収容人数は「ホテル>専門式場>ゲストハウス>レストラン」の順です。

挙式会場の収容人数は専門式場が一番広いことが多く、披露宴会場はホテルが一番のケースが多くなっています。

レストランはこじんまりとしていることがほとんど。

10.貸し切り度

借り切り感があるのは「ゲストハウス>レストラン>ホテル>専門式場」の順です。

ゲストハウスは施設や空間などを貸し切りにできます。

1日1組限定というところも多いです。レストランも借り切りが多いですね。

一方で専門式場は同時似複数あげたり、時間をずらして1日に何度も挙げることが普通です。

専門式場ほどではありませんけど、ホテルも複数行うことが多くなっています。

11.自由度

会場の装飾や演出などの自由度は「ゲストハウス>レストラン>ホテル=専門式場」の順でやりやすいです。

ゲストハウスは貸し切りのため、とにかく自由なところがポイント。

建物入り口の装飾から、会場まで自分好みにカスタマイズ可能です。

専門式場やホテルは、次に他の人が控えていたり、そもそも公共の場所だったりするので、いじれる場所に限界があります。

12.親の安心感

親が安心するのは「ホテル>専門式場>ゲストハウス=レストラン」です。

やはり両親や祖父・祖母はホテルへの信頼感があるので人気。

昔は結婚式場と言えばホテルが主流。

レストランやゲストハウスを結婚式場として使うことがなかったので、反対する人もいるかも。

以下では各会場の種類ごとに特徴をまとめていきます。

専門式場の特徴

専門式場は結婚式の王道的存在です。

すべての設備や人が平均点以上なため、安心感があります。

メリット

メリットを列挙すると以下の通り。

  • 1.挙式会場が充実している
  • 2.披露宴会場が豊富
  • 3.その他の施設も充実
  • 4.内装が豪華
  • 5.予約が取りやすい
  • 6.パックプランが充実
  • 7.披露宴会場への移動が楽
  • 8.ブライダル専門スタッフがいる
  • 9.ロケーションが良い会場が多い
  • 10.ゲストハウスや一流ホテルと比べるとリーズナブル
  • 11.ドレスや小物などの用意が幅広い
  • 12.音響や照明など設備面が充実している
デメリット

反対にデメリットは以下があります。

  • 1.現金払いしか対応していない
  • 2.同日に式が複数ある
  • 3.はち合わせリスクが高い
  • 4.スケジュールがタイト
  • 5.オリジナリティが出しにくい
  • 6.持ち込み料がかかるところが多い
  • 7.知名度と金額が比例
  • 8.料理がイマイチな式場がある
  • 9.宿泊施設がない

くわしくは以下記事もご覧ください。

ホテルの特徴

ホテルはフォーマルさNO.1で、安定感があります。

メリット

  • 格調高く信頼感がある
  • 宿泊ができる
  • 会場へのアクセスが良い事が多い
  • 建物内の移動が楽
  • ブライダル専門のスタッフがいる
  • 接待客の年齢を問わない
  • 設備や位置中のサービスが整っていることが多い
  • チャペルや神殿がある
  • 待ち時間にゆったり過ごせる
  • 料理の種類が豊富
  • クレジットカード払いに対応しているところが多い
デメリット
  • 同日に結婚式が複数ある
  • 知名度と金額が比例する
  • 料金が高め
  • 持ち込み料が高いことが多い
  • アットホームな雰囲気に欠ける

ゲストハウスの特徴

ゲストハウスはカジュアルにやりたいときや、自由なウェディングに最も向いています。

メリット

  • 貸し切りができる
  • バッティングしない
  • 自宅に招く感覚でおもてなし
  • 新郎新婦が招待客と自由に接することが出来る
  • 演出の自由度が高い
  • 後日ディナーが出来るところもある
  • 映える
デメリット
  • 料金が高い
  • 自由すぎる
  • スタッフ面の不安
  • 料理面の不安
  • アクセスが不便なところが多い
  • 挙式会場がない場合は別に探さなければならない
  • 親世代の理解不足
  • 雨のときは注意が必要
  • 少人数だと受け入れてもらえない
  • 営業のプッシュが強いところが多い

くわしくは以下記事もご覧ください。

レストランの特徴

レストランは肩肘張らず、アットホームにやりたい方に向いています。

メリット

  • 料理が美味しい
  • アットホームさがある
  • 貸し切れる事が多い
デメリット
  • ゲストにケチったと思われる可能性がある
  • 結婚式場としての設備がいまいち
  • 会場のスタッフが結婚式馴れしてない場合がある
  • もし和装をしようと思ったときに難しい
くわしくは以下記事もご覧ください。

カップルのタイプ別おすすめ会場

誰がどこの会場に向いているのか、タイプ別にまとめてみます。

  • 設備が新しくて充実しているほうがいい→専門式場
  • クラシックな雰囲気で落ち着いた式がしたい→ホテル
  • 貸し切りで自由にやりたい→ゲストハウス
  • お姫様気分を味わいたい→ゲストハウス
  • 遠方ゲストが多いから宿泊が必要→ホテル
  • 他の人とかぶらない決古式をやりたい→ゲストハウス、レストラン
  • 少人数でアットホームにやりたい→レストラン
  • 料理や挙式スタイルを決めかねている→専門式場、ホテル
  • 年齢層の高いゲストが多く参加する予定→ホテル
あてはまるものはありましたか?

参考までにこんな意見もありました。

まとめ:専門式場・ホテル・ゲストハウス・レストランの違い

結婚式場の種類と違いをまとめてお伝えしました

けいすけ

嫁ちゃん

種類によってだいぶ特徴があるんだね

同じタイプの会場によっても個々によっても多種多様なので、実際に気に入った式場を見学することをおすすめします。

自分もネットで見た情報と実際に見た情報にギャップがありすぎて、驚いた経験しかないので。。

ネットの情報は信じすぎないほうがいいです。ほどほどにね。

ブライダルフェアは試食できたり、商品券もらえたりとなかなか美味しい思いができるので、実際に色々見てみるといいですよ。

結婚式場をこれから探すという方は、ゼクシィハナユメを併用するのがおすすめです。