結婚式の日取り・お日柄の決め方や基本ルール【時期は重要】

結婚式をするとなってから、重要となるのが日取りやお日柄です。その決め方やルールについて説明します。

私は主催者側(1回)、参加者側(約10回)をどちらも経験していますが重要なのは、ゲスト目線で考えること。これに尽きます。

結婚式の日取り・お日柄の決め方や基本ルール【時期は重要】

特別な理由がない限り絶対避けたい時期は、

  • 平日
  • 正月、ゴールデンウィーク、お盆などの連休
  • 決算期の3月

です。

これらの日程だと一般的なゲストからすると、結婚式に呼ばれるのは迷惑です。あなたの評判は大きく落ちてしまいます。

結婚式でできれば避けたい日取り・時期

  • 夏の暑い時期(7~9月)
  • 冬の寒い時期(1~3月)

個人的には寒いときよりも暑い夏のほうが嫌です。冬はコートを着ればよいのでなんとかなりますが、暑い時期にスーツを着ていくのはかなり辛いですから。

 

大安・仏滅などの六曜はどう考えるか

基本的にはあまり気にしすぎる必要はあまりないと思っています。いつも大安とか仏滅とか気にして生きているわけではないのに、結婚式のタイミングになったときだけ仏滅だなんだとほざくのはアホくさいと正直思います。

ゲストからすると六曜を考慮するよりも、ゲストが参加しやすい日程で組むほうが10倍良いでしょう。

しかし昔の人は結構気にしますから両家の親族の意向を聞いたほうがいいです。結婚において家族と争うとろくなことがないですから。家庭の事情にもよりますが、結婚式の日取り・時間など重要なことは両親に確認すべきです。

お日柄の種類一覧と説明

お日柄一覧を以下にまとめました。

六曜(ろくよう)意味お日柄としての良さ
先勝午前が吉な日。午後はNG。
友引二番目にいい日。
前負午後が吉な日。午前はNG。
仏滅凶な日。一番良くない日×
大安一番良い日。すべてがうまくいく
赤口正午は吉。それ以外はNG

あくまで参考程度にしてください。

六曜の周期

「先勝→友引→前負→仏滅→大安→赤口」と日ごとに変わっていき、繰り返していくイメージです。基本的に順序は変わりません。ただ月初になるとリセットされます。

1月、7月 →先勝始まり
2月、8月 →友引始まり
3月、9月 →先負始まり
4月、10月→仏滅始まり
5月、11月→大安始まり
6月、12月→赤口始まり

という具合になります。

周りの意見では、仏滅は避けたいという人は多かったですが、赤口はダメという人はあまりいませんでした。

 

結婚式でおすすめの日取り・時期

ではいつがいいのか!

いままで書いてきた日と逆がおすすめする日取りです。

  • 土曜日:土日休みのゲストが大半、ゲストが次の日ゆっくり休めるから(2次会がある場合は特に)
  • 5月、10月、12月(連休以外を除く):一番過ごしやすい気候のため
  • 仏滅以外:気にする年配者がいるため。あとで揉めると面倒なので避けておくのがベター

これらの日程のうちで、両家親族や自分の会社のメンバーが参加しやすい日にするのがベストです。

▼あわせて読みたい記事

結婚式の時間帯!開始時間は午後12時スタートが人気なワケ 結婚式の時間帯!開始時間は午後12時スタートが人気なワケ

結婚式場が安い日取り

どんな日なら結婚式場は安く予約できるかについて、一応補足しておきます。

安い日取りは上記で書いてきたのと真逆の日です。

  • 平日
  • 仏滅
  • 夏の暑い時期
  • 冬の寒い時期

これらが安い日取りです。

友引、先勝、赤口、前負、友引とかでは特に料金が変わることはないです。結婚式場が重要視しているのは大安と仏滅です。

 

まとめ:結婚式の日取り・お日柄の決め方はゲスト目線が重要

 

この投稿をInstagramで見る

 

西野けいすけ💑新婚の愛妻家✨さん(@keisuke_nishino1)がシェアした投稿

結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですが、重要なのはいかにゲストに喜んでもらい祝福してもらうこと。そして今後も素晴らしい関係を気づいていくかということだと思っています。

だからこそゲストのことを優先に考え日程・時期を選んでいただきたいと思っています。いずれにせよ夫婦、お互いの親族でよく話し合って決めましょう。

日取りの目処が決まればいよいよ結婚式場探しです。

▼合わせて読みたい記事

2019年版!結婚式場探しのサイトおすすめ9つを徹底比較