インスタでも結婚式のお役立ち情報を発信中>

7月の結婚式で知っておくべき全てのこと【最新アンケート付き】

7月の結婚式で知っておくべき全てのこと【

「7月に結婚式をやるのはあり?迷惑とか非常識だと思われない?」

「暑さとか台風についてもくわしく知りたい」

という方向けです。

嫁ちゃん

7月ってどうなんだろう
実際にやった人の割合とかも教えるね

けいすけ

本ブログ記事では、結婚式を7月にやる場合に知っておきたいことをすべてお伝えします。

7月の結婚式は迷惑・非常識じゃない

実際に7月が迷惑だと思う人がどれくらいいるのかインスタ(@keisuke_nishino1)でアンケートを取ってみました。

 

結果は以下の通りでした。

どちらも気にしないが圧倒的に多かったです。

全体の回答数151件を母数に割合を出すと

  • どちらも気にしない:82.1%
  • 8月は迷惑:8.6%
  • 7月も8月も迷惑:7.9%
  • 7月は迷惑:1.3%
となりました。

「7月も8月も迷惑」+「7月は迷惑」を足すと、全体の9.2%が迷惑と考えていることになります。

私はあまり多くはないと感じましたが、みなさんはどう思いましたか?

実際に7月に結婚式をやっている人は7.3%

7月に結婚式をやる人は7.3%。順位は上から9位です。

特に人気とはいえないですね。

全体感としてはこんな感じです。

順位実施率
1位11月14.5%
2位10月12.4%
3位9月9.2%
4位3、5月8.8%
6位2、6月7.8%
8位4月7.5%
9位7月7.3%
10位12月7%
11位 8月4.7%
12位1月3.2%

※出典:ゼクシイトレンド2018

7月婚のメリット

もし7月に結婚式をやるとなった場合、どんなメリットがあるのかお伝えします。

①費用が高くない

費用はあまり高い時期ではありません。

結婚式の繁忙期は4-6月、10-12月となり値段も比例します。

それ以外は比較的落ち着くので、安くなりやすいです。

値段交渉すれば割引してくれる可能性も高くなりますよ。

 

②好きな日程が選べる

繁忙期でないので、好きな日程を選びやすいです。

場所によっては割と直前でも空いていることがあり、落ち着いて決めることが出来ます。

 

③前撮りが暖かい時期にできる

7月に結婚式となると気候が温暖な5~6月とかに前撮りをすることができます。

特にロケーション撮影にもピッタリの時期ですね。

ドレスで外に出るのも問題ない気温といえるでしょう。

 

④荷物が少なくて済む

コートなどかさばるものがないのがいいです。

ゲストも身軽に移動できます。

 

⑤風邪を引きづらい

暖かい時期なので、風邪を引く可能性は他の月よりは低いです。

新郎新婦にとってはもちろん、ゲストの欠席率が下がるのもメリットといえます。

7月婚のデメリット

メリットだけでなく、デメリットも知っておきましょう。

①暑い

7月でも最近は真夏並みの暑さの日が多いため、ゲストはけっこう大変です。

暑さが苦にならないような配慮が必要になります。

 

②梅雨とかぶる

意外と書いているサイトがなかったですけど、7月は梅雨のシーズンなので雨がかなり多いです。

くわしくは後ほどデータでまとめています。

 

③メイク崩れの心配

汗をかきやすいのでメイク崩れをしやすいです。

日程選びで注意すること

7月特有の注意すべき点をお伝えします。

■連休中は避ける

夏季期間の連休は旅行に行く人も多いので、なるべく普通の土日を選んだほうがゲストとしてはうれしいです。

7月は海の日がありますので避けたほうが無難。

 

■室内で完結させる

ゲストを外に出すのは最低限に控えましょう。

女性はメイク崩れや日焼けが気になり、男性は暑い中ジャケットを着ているので暑さが厳しいです。

そのためガーデンや屋上を使った演出は難しい季節と思ってください。

具体的にはフラワーシャワー、ブーケトスあたりですね。

室内でやる方法も考えるとベターです。

7月の台風や雨情報

最近台風の話題も出ているので、気になる新郎新婦もいるでしょう。

■台風の7月の上陸数

【過去20年間の台風上陸数(合計)】

7月は年内で3番目に多く上陸する月です。

運が悪ければ直撃の可能性はあります。

ただし確率はそこまで高くないでしょう。

くわしくはこちらの記事もご覧ください。

 

■7月の降水量

せっかくの結婚式ですから晴れたほうがいいですよね。

どれくらい7月は雨が降るのかお伝えします。

【月別降水量】

※データは東京のものです

 

【降水確率】

7月中旬まで梅雨が続くことが多いので、年間でもトップクラスに雨が多いです。

少なくとも2〜3日に1回は雨が降ると思ってください。降らない場合でも曇りとなる可能性が高いです。

出典:Weather Spark

少しでも晴れの可能性が高いほうがいいのなら、11〜2月くらいがベストです。

 

■7月の気温

暑さについてもどれくらいなのか知っておきたいです。

【気温】

8月ほどではないですが、かなり暑いです。

上記の図はあくまで平均を表したものなので、日によっては最高気温が30度を超える日もあります。

goo天気のデータをみると2019年7月後半では30度を超えた日が9回もありました。

そのなかでも31日はなんと34.6度を記録しました。

7月前半は梅雨、後半は猛暑となかなか決めづらいところですね。

 

【湿度】

※出典はいずれもWeather Spark

夏は湿度も高いので、蒸します。

こればっかりはしょうがない気がしますが。

どんなテーマが7月結婚式おすすめか

7月は暑い&雨が多いので涼しさに配慮した結婚式をテーマにするといいです。

順番にわたしのおすすめをお伝えします。

■室内でゆったり過ごす

なるべくゲストを外に出ないようにしてあげると高評価です。

7月は暑いと行っても室内はエアコンが効いていて涼しいので、関係ありません。

移動中だけ我慢してもらえれば問題ないんです。

 

■大きな窓がついたチャペルや披露宴会場じゃないところで

大きなガラス張りの建物で、外の景色を楽しめることを売りにした会場は7月の結婚式にはあまり向いていないかなと思います。

雨が多く降るので。

どちらかというと内装にこだわった会場のほうがおすすめです。

ただもちろん運良く晴れることもあるので、わかりませんが。

 

■涼しげな飲み物や食べ物を提供

暑い時期に少しでも涼しげなウェルカムドリンクや料理を出してあげるとゲストに喜んでもらえます。

 

■うちわなどをプレゼント

入り口でうちわなど涼しげなアイテムをわたしてあげるといいかもしれません。

7月結婚式の花

7月の花といえば以下があります。

ひまわり

 

スズラン

 

ハイビスカス

 

ハス

 

アサガオ

 

ラベンダー

 

ナデシコ

 

コスモス

 

ダリア

気になる花は見つかりましたか?

旬の花を使うと季節感が出るのと、価格も抑えられるのでおすすめです。

まとめ:7月結婚式はあり

7月結婚式についてお伝えしました。

けいすけ

嫁ちゃん

7月でもうまくやればそんなに悪くないと思うなあ

まとめるとこんな感じ。

  • ①7月の結婚式が非常識・迷惑と感じる人は9.2%
  • ②実際に結婚式をやる人は7.3%
  • ③7月は雨が多く、暑い

このブログでは、それ以外に新婚生活や結婚式の準備で役立つ記事を書いています。

素敵な夫婦生活になることを祈ってます!そーグッド!!