インスタでも結婚式のお役立ち情報を発信中>

3月の結婚式のメリット・デメリット

3月の結婚式のメリット・デメリット

嫁ちゃん

3月の結婚式ってどうなの?
実際どうなのか書くね

けいすけ

このブログでは最近結婚式を挙げ、結婚式本を10冊以上読破した西野けいすけが以下をお伝えします。

  • 3月の結婚式のメリット・デメリット
  • どれくらい人気なのか?
  • 避けたほうがいい日取り

3月の結婚式のメリット

実際に3月の結婚式に参加した経験も踏まえ、もし結婚式をやるとなった場合に、いったいどんなメリットがあるのか順番にお伝えします。

混雑しすぎてはいない

3月は特にウェディングのハイシーズンというわけではないので、すごい混んでいるというわけではありません。

空いていると日取りや選びやすかったり、挙式当日に他の人も同じ会場でたくさんの花嫁がいるみたいなことも減ります。

ブライダルフェアの予約も10〜12月などの秋に比べると、取りやすいです。

だからハイシーズンよりは、比較的ゆったりと落ち着いて結婚式場探しや結婚式の準備をしたい人に向いているといえます。

一応以下が月ごとにどれくらいの人が上げているかの割合です。

※出典:ゼクシイトレンド2018のデータを参考に独自にグラフ作成

真ん中かやや人気な方ですよね。

参考にしてみてください。

費用は高すぎない

秋みたいに人気がそこまであるわけではないので、式場側もそこまで強気の値段設定をしているところは少ないです。

夏冬のローシーズンほどではありませんけど、お得なキャンペーンなどを実施しているところも多くなってきます。

このあたりは会場によっても大きく違うので、気に入った式場があったら実際に見積もりを取ってみるのがおすすめ。

色々な花が咲き始める

3月といえば花の開花が始まる時期です。

桜はもちろん、以下の花が旬となっています。

  • 菜の花(ナノハナ)
  • 桜(サクラ)
  • 梅(ウメ)
  • チューリップ
  • 蒲公英(タンポポ)
  • 桃(モモ )
  • 水仙(スイセン)
  • 片栗(カタクリ)
など。

お花が好きな花嫁さんにはぴったりでしょう。

ブーケも季節の花を取り入れるのもGood!

窓の外で桜が見える会場も結構あるので、季節感を味わいたい人にはおすすめです。

また旬の花を使うと、ボリュームの割に価格が抑えられるメリットもあります。

晴れの日が比較的多い

せっかくの結婚式ですから晴れたほうがいいですよね。

出典:Weather Spark

これをみると年間の中では3月は比較的雨が降りづらい月といっていいでしょう。

晴れると以下のようないいことがあります。

晴れのメリット
  • 天気が良いと気持ちも晴れ晴れ
  • ガーデンがついた会場や窓があるチャペル・披露宴会場でやる場合に見栄えが良い
  • ゲストも来るのにラクだし、服や鞄が濡れなくていい
などです。

3月の結婚式のデメリット

反対にデメリットもそれなりにあるのが3月婚の特徴です。

順番に書いていきます。

月末は忙しい人が増える

3月というのはけっこうバタバタしている人が多い時期です。

たとえば

  • 決算で会社の繁忙期
  • 学校の入学・卒業で忙しい
  • 引っ越しシーズン
といったことが多くなります。

特に月中〜中旬にかけては特に予定が入れづらくなる時期なので、忙しさを配慮するなら上旬に結婚式の予定を入れたほうが喜ばれます。

ただし置かれている環境で忙しいかどうかは大きく変わります。

自分の職場、親族、友人を見渡してみて、どういった人たちが多いか、3月繁忙期の人が多い属性なのか考えてから決めたいですね。

まだ寒い

出典:Weather Spark

3月といっても、実質は冬の気候。

外に出たらまだまだ寒いので、ブーケトスやフラワーシャワーをやりたい場合はゲストに対する配慮が必要になります。

また本人もドレスで寒いでしょうから、なるべく室内のイベントを多めにしたほうがいいでしょう。

実際に私は3月中旬に招待され参加したことがありますが、けっこう寒かったですね。

プールに出ましたがジャケットではなかなかこごえました。

幸い晴れていたのでそれでだいぶ増しになりましたが。。曇りとか雨だったらきつかったと思います。

あと私は男性だからいっぱいきてましたが、女性はドレスなので寒いでしょうね。

また3月は風が強い日が多いので、外でバルーンなどを飛ばす際はけっこう派手に飛び回ると思います。

逆に爆笑ムードで盛り上がったりしますけどねw

3月挙式の日取り候補

2020年〜2022年までの結婚式の候補となる日にちを見ていきましょう。

土日に挙げる人が圧倒的でしょうからそれを前提にします。

【2020年】

お日柄混雑予想
7日(土)友引★★★
8日(日)先負 ★
14日(土)先負★★
15日(日)仏滅
20日(金祝日)先負★★
21日(土)仏滅
22日(日)大安★★★
28日(土)先勝★★
29日(日)友引

2020年に関してはあまりお日柄がいい日が続くとは言えないです。

基本的には日曜より土曜のほうが混み合います。

ただし3月の大安が22日しかないことから、22日はそれなりの混雑が予想されます。

今も大安にこだわる新郎新婦や親御さんがそれなりにいるためです。

 

【2021年】

お日柄混雑予想
6日(土)大安★★★
7日(日)赤口
13日(土)友引★★★
14日(日)先負
20日(土)先負★★
21日(日)仏滅
27日(土)仏滅
28日(日)大安★★★

一番人気の土曜でかつ大安の6日はかなり混みそうです。

13日もそれなりに混雑するでしょう。

28日は月末ということもあり、控える人はいるかも知れませんが前日が仏滅、当日が大安なのでそれなりに挙げる人は多いと予想されます。

 

【2022年】

お日柄混雑予想
5日(土曜)仏滅
6日(日曜)大安★★★
12日(土曜)大安★★★
13日(日曜)赤口★★
19日(土曜)赤口
20日(日曜)先勝★★
26日(土曜)先勝★★
27日(日曜)友引★★

2022年は12日が土曜でかつ大安なので一番申込みが多い日でしょう。

次に6日あたりが混んでくると予想されます。

3月婚におすすめのテーマやドレス

爽やかな春らしさを演出すると季節感が出ていいですね。

例えばドレスは桜色のピンクとか、さわやかなパステルブルーが合います。

あと白のウェディングドレスはもちろん、和装も相性がよい時期。

私たちも着ましたが和装はかなり着込みますので、あたたかいためです。

季節感を意識するのであれば、テーブルコーディネートはシックなカラーよりは白やパステル系などのほうが雰囲気は出ます。

ひな祭りやホワイトデーと行ったイベントもあるので、意識してもいいと思います。

ただし季節にとらわれすぎるよりは、まずは好み優先でいいでしょう。

まとめ

3月の結婚式の特徴はわかったかな?

けいすけ

嫁ちゃん

けっこう配慮すべきところが多いんだね。

今回の記事をまとめるとこんな感じ。

  • ①3月のメリットは混んでない、高くない、花が咲き始めるところ
  • ②忙しい人が多く、寒いのがデメリット
  • ③特に事前にしっかりスケジュール調整をしたほうがいい月

ちなみに桜が咲くかはけっこう運次第だったりします。

エリアにもよりますが、3月の終わり頃に咲くことが例年は多いですが年によって様々だったり満開のタイミングと合わせるのは至難の業ですw

このブログでは、それ以外に新婚生活や結婚式の準備で役立つ記事を書いています。

素敵な夫婦生活になることを祈ってます!

インスタ(@keisuke_nishino1)でも結婚や新婚生活に役立つ情報をお届けしてますよー!

そーグッド!!