両家顔合わせの服装はこれで決まり【失敗しません】

  • 「両家顔合わせの服装はどうしたらいい?」
  • 「男女別に失敗しない服装を知りたい」

嫁ちゃん

普段で歩く服装より色々意識しないといけないから大変だよね
この記事では昨年結婚式を挙げ、結婚準備本を10冊以上読んだ西野けいすけと嫁ちゃんが以下をお伝えするね

けいすけ

わかること
  • 両家顔合わせの服装(トップスから靴まで)のすべて
  • 男女別に気をつけるポイント
先に結論を言うと、ズバリ!春夏秋冬を問わずに女性(新婦)はワンピース、男性(新郎)はスーツで行きましょう。最後に私たちの体験談も載せています!

両親顔合わせの服装で女性はワンピースが正解

という疑問を持つ方も多いでしょう。

まずは女性の服装から説明します。

両家顔合わせ食事会において、女性は季節問わずにワンピース一番無難です。

おすすめのワンピースの色

おすすめワンピースのポイントとして

  • 明るい色
  • できればパステルカラー
  • シンプル
  • 綺麗め
  • 無地の一色
がおすすめです。

ワンピースの色について、くわしくはこちらをご覧ください。

おすすめのワンピースの特徴

次に両家顔合わせにおすすめなワンピースの特徴をお伝えします。

  • 膝丈は短すぎないもの
  • 肩は出さずに袖有りのもの
  • 体のラインが出過ぎないもの
  • カジュアルすぎないもの
かしこまった場ですので、露出が高かったりカジュアルすぎるものは控えましょう。

結婚挨拶の記事ですが、以下もあわせてみていただくと参考になると思います。

女性の冬の対策

夏はワンピース1着で出かけても気候的に問題ありませんが、冬はさすがに上着をきましょう。上にフォーマル目なコートなどを切ると良いでしょう。

春夏も肌寒いこともあるので、フォーマル目なカーディガンやジャケットあたりを着ていくといいでしょう。

くわしくはこちらもご覧ください。

生足よりストッキングで

生足よりはストッキングを履いたほうがいいです。マナー上はストッキングのほうが○です。

またなるべく新品をつかいましょう。伝線していたらまずいです。念のため予備も一つ持っていくとなお良いです。

春夏秋冬問わず、ベージュのストッキングがおすすめ。

靴はどうする

サンダルやブーツ、スニーカーはカジュアルすぎるためやめましょう。高すぎないヒールのパンプスがいいです。

女性がスーツはありか

スーツも常識からして不可ではありませんが、固すぎるのでやめておきましょう。面接会場のようになってしまいます。あくまで晴れの舞台ですので、女性は可愛らしく着飾ったほうが良いです。

くわしくはこちらをご覧ください。

和服はあり

晴れの舞台でもありますので、気合をいれて和服で行くのもいいでしょう。その場合事前に相手の両親にも伝えておいてくださいね。

女性のアクセサリー

なるべく減らしましょう。時計、シンプルなネックレス、指輪、腕時計くらいにしましょう。キラキラ、ジャラジャラしているとウケが悪いです。

どうしてもズボンがいい人は

「スカート無理ぽよ」というひと。とにかくスカートは諸事情により絶対無理だ!という人は無理する必要はありません。

確かにスカートがベストですけど、絶対ではありません。

くわしくはこちらでも書いたのでご覧ください。

ワンピース以外の選択肢

お伝えしたとおり、本当はワンピースがベストです。

でも「どうしてもワンピース嫌や」という人なら、オフィスカジュアル(ビジネスカジュアルともいう)の服装でもOKです。

以下の動画の感じが参考になるかなと思います。

両親顔合わせで男性はスーツが正解

今度は男性の両家顔合わせの服装いきます!

男性は春夏秋冬構わずスーツです。たとえ真夏の暑い時でもスーツです笑。暑いし少しアホらいしですが、このときばかりは耐えてください。

スーツの色は暗めがおすすめ

スーツは無難に黒か濃いめのネイビーがおすすめです。次点で濃いめのグレーがいいでしょう。ネイビーは若さも出ますし少し明るい気分になるので、一番オススメです。

スーツの柄はできれば無地がベスト

絶対ではありませんが、生地は無地がフォーマル感が出て良いです。なければストライプなどでも構いません。

ワイシャツは無地の白で

ワイシャツは変におしゃれにせず、無地の白にすべきです。下手に派手な柄や色だと相手に変に見られるリスクがあります。相手の価値観に影響されない白無地が最強です。

自分の面目もありますので、変なものはやめておきましょう。

夏にスーツのジャケットは必要か

真夏でもジャケットは手に持ってください。無理に来なくてもいいです。

ネクタイは必要か

クールビズのシーズンでもネクタイは必ずしましょう。これも暑い時はアホらいしですが、仕方ないです。

スーツがあまり得意でない私でも結婚の両家顔合わせの時はさすがにスーツをネクタイ有りで着るべきだと思います。

ネクタイの色

黒と白は避けましょう。日本では黒は葬式につけます。白は結婚式でつけますのでそれ以外のものにしましょう。柄は無地が一番無難ですが、ものすごい目立つとかでなければなんでも良いです。

ワイシャツの下のTシャツは白系で

意外と落とし穴なのがワイシャツの中のシャツ。やめておきたいのは黒や赤、青など色味が強いものです。ワイシャツに透けて見えてしまいます。

これはかなり印象が悪いです。彼女や自分の親にもドン引きされるリスクありです。

オススメは白、もしくは薄めのグレーです。(実は白よりも人肌に近いグレーのほうが透けにくいです)

第一ボタンをしめましょう

苦しいですが絶対閉めましょう。空いているとかなりだらしなく見えます。ブレザーをきたちょいワルの高校生みたいにならないようにしましょう。

ベルトの色

フォーマルな革ベルトがオススメです。

結婚の顔合わせとか関係なく、靴と同じ色が一番良いとされています。必然的に黒か茶色になるかと思います。

やってはいけないのは変な布のベルトや、穴がやたら空いたバンドマンのようなベルトをつけることです。注意しましょう。

靴下はスーツと同じ色で

靴下はスーツの色と同じにしましょう。ビジネスでも同じルールです。

絶対NGなのは白のやカラフルなもの、または柄物です。あと短いくるぶしソックスも絶対だめです。一番だめなのは裸足ですけどね。そんな人はいないでしょう。。

穴が空いていないかも入念にチェックしておきましょう。

靴は革靴一択

革靴をおすすめします。ベストは黒のストレートチップ。

※つま先に横の一本線が引いてあるやつがストレートチップと呼ばれ、一番フォーマルとされています。

なければ濃い茶色の革靴でもいいでしょう。本当は黒がベストですが。

 

以下のようなベルトタイプはカジュアルすぎるのでやめておきましょう。紐タイプがおすすめです。

余談ですが、左右違う靴を履いて出かけてしまった友人がいます。ノーグッッド!!ww そうそうないかと思いますが、お気をつけて。

男性のアクセサリー

男性は腕時計以外はつけないほうがいいです。変な人に思われてしまいます。私は時計すらつけていきませんでしたけど。

という感じで、スーツで会社出勤する形はそのときと同じノリで行けばほぼ失敗しないです。

くわしくはこちらをご覧ください。

私の体験談:両家顔合わせ服装

私が両家顔合わせした時は、

  • ネイビーの上下スーツ
  • 白ワイシャツ
  • 無地ネクタイ
  • 黒の革靴
  • 黒靴下
で行きました。

一方で嫁は

  • 白いワンピース
  • 水色のパンプス
で行き、当日はなんの問題もなくうまくいきました。

とりあえずお互いの家族間のいろいろは両家顔合わせが終われば、一段落すれば落ち着きますよ〜!

まとめ:両家顔合わせの服装

嫁ちゃん

両家顔合わせの服装について、一通りお伝えしてきました
こうみると意識すること多いね

けいすけ

改めてこの記事をシンプルにまとめると

  • 女性は綺麗目はワンピース
  • 男性はかっちりとしたスーツ
  • 小物のチョイスは大切
で行けば失敗はしません。あまり考え込みすぎる必要がありません。

ここに書いた内容を一通り意識すればOKです。

以下に両家顔合わせで知っておくべき全ての情報をまとめました。そーグッド!

▼あわせて読みたい

2019年版!結婚式場探しのサイトおすすめ9つを徹底比較