両家顔合わせで婚約指輪はお披露目する?間に合わない時はなしでも可

両家顔合わせに婚約指輪はお披露目すべきなの?
できればあったほうがいいよ〜!詳しく解説するね!

けいすけ

こんにちは!本記事では、西野けいすけ(@keisuke_nishino)とその嫁が、両家顔合わせの婚約指輪事情をお伝えします。

両家顔合わせで婚約指輪はお披露目する?

結論からお伝えすると、結婚指輪はあればベターですが必須ではありません。

もし作成が間に合いそうであれば、用意したほうが場が盛り上がります。

できれば事前に準備しておきましょう。

 

両家顔合わせで最初から婚約指輪をつけていくべきか

個人的には最初からはつけていかない方法をオススメします。

両家顔合わせ当日に結婚記念品を贈る形で、婚約指輪を渡しお披露目しましょう。

そのまま直接指につけましょう。

そうすると双方が婚約したと言う意識が高まり、両家顔合わせがより盛り上がります。

 

婚約指輪のお披露目のタイミング

お披露目するのは以下がおすすめ。

第一候補:「最初の挨拶→自己紹介→乾杯→談笑→食事が終わる→婚約指輪のお披露目(←ココ)」

なんでこのタイミングなの?
ご飯を食べているときに指輪を出すのはあまり良くないからだよ。
かといって自己紹介の前だと失礼になるしね。

けいすけ

ちなみに

第二候補:「最初の挨拶→自己紹介→乾杯→婚約指輪のお披露目(←ココ)→談笑→食事が終わる」

もありです。

場が一通り落ち着いた食事が終わったタイミングがベストです。

ただあくまで一例なので、タイミングがあればお披露目してしまっても、さほど悪影響はないでしょう。

ちなみに両家顔合わせの流れについては、以下の記事に詳細を書いています。

 

両家顔合わせの婚約指輪お披露目の切り出し方・セリフ例

書籍「これで安心!結婚準備&マナー」によると以下のように書かれていました。

婚約記念品の交換は、食事会にメリハリがついてセレモニー感が生まれます。婚約記念品はその場で開けて披露しましょう。

彼:「私から△△さんへ、婚約のしるしです。どうぞ受け取ってください」

彼女:「ありがとうございます。幾久(いくひさ)しくお受けいたします。」

少しセリフが固いので、もっといつも使うような自然な言葉で良いとは思います。

彼:「婚約のしるしとして、婚約指輪を本日持ってきました。どうぞ受け取ってください」

彼女:「ありがとうございます。」

くらいで良いと思います。

両家顔合わせの諸々のセリフやマナーについては、以下記事を参考にしてください。

 

婚約指輪に対してお返しの品があれば、両家顔合わせで渡すのはグッド

彼女はもしお返しの品を用意しているのであれば、そちらもお披露目してくださいね。

婚約指輪を彼女が受け取った後に、お返しの品を渡しましょう。こちらも盛り上がりますよ。

どれくらいの割合の人がお返しを送っているのか

ちなみに婚約記念品があった人に対して、その返礼品の有無を尋ねたところ、以下のようになっています。

  • 「贈った」:   49%
  • 「贈らなかった」:46%
半分くらいの人がお返しをしているようです。

 

婚約指輪のお返し人気アイテム

ちなみにお返しで渡しているもの1位は時計。

順位品物割合
1位時計45%
2位スーツ16%
3位財布9%

※参考:ゼクシィトレンド2018のデータより

長く使えると言う意味でおすすめです。この中だと時計が一番長持ちしますね。

 

お返しの予算

婚約指輪の相場が30〜40万円に対し、お返しは10〜20万円が相場。だいたい半返しと言うケースが多いです。

ただしあくまで自分たちの出せる範囲で、二人で相談して決めましょう。

ぶっちゃけ婚約指輪は結婚式の後は、年に1回つけるか付けないかくらいですから笑。

私の嫁も付けているのをほとんど見たことがありません。。

 

両家顔合わせに婚約指輪が間に合わない時はなしでも可

絶対に両家顔合わせのときに、婚約指輪がなければ絶対いけないと言うわけではありません。

また購入した場合でも、渡すタイミングに縛りはないです。

なお最近ではそもそも婚約記念品を買う人は74%*となっています。

そのうち、「指輪(エンゲージリング)」を選ぶ人が91%*です

※参考:ゼクシィトレンド2018のデータより

 

婚約指輪を作るのに1ヶ月はかかる

一般的に婚約指輪の作成期間として、だいたい1ヶ月くらいはかかります。

もし両家顔合わせに間に合わせたいなら、余裕を持って1ヶ月半前に注文をしておいた方がいいでしょう。受け取りにも行く必要がありますからね。

補足

※そもそものデザインから作ってもらうフルオーダーメイドの場合は、3ヶ月ほどかかることもあります。ただこれを選択する人は全体の9%と少数です。

ちなみに既製品を買う人は

 

まとめ

まとめると以下です。

  • 婚約指輪は最初からつけていくよりは、両家顔合わせでお披露目した方が盛り上がる
  • 指輪に対するお返しはできればしたい
  • お返しは両家顔合わせの時にするのがベター
  • ただし間に合わない場合や作らない場合はなしでも問題ない
ツイッター(@keisuke_nishino)でも、結婚準備に役立つ情報をつぶやいています。