東京の結婚式場ランキングはこちら>

結婚報告・式招待をライングループでやるのが流行っている件

結婚報告とか式の招待をライングループでやるのってどうなの?
最近すごい増えてるよね!

けいすけ

本記事では昨年結婚式を挙げ、結婚式準備本を10冊以上読んだ西野けいすけ(@keisuke_nishino)とその嫁が以下をお伝えします!

  • ラインのグループで結婚報告はありか
  • 結婚式の招待をLINEでやるメリット・デメリット

最近は結婚報告・式招待をラインのグループで行なっている

はい。まさに見出しの通りなのですが、最近は結婚報告・式招待をラインでするケースが増えています。

しかも1対1のLINEで伝えるのではなく、ライングループで投稿をするんですよね。

たぶんこれに対して、おっさんやおばさんたちは「そんなのありえない」と思っているんじゃないかな。

「普通は直接口頭とか電話じゃろ!」というのが普通となるでしょうね。そもそもおじさまおばさまが結婚したときは、ラインなんてものは、1ミリもこの世に存在していませんでしたから。

嫁ちゃん

わたしがもし40とか50代のおばちゃんだったら、LINEで報告なんてけしからん!とか言ってたんだろうな笑
おばちゃんて笑。おばさまと言いなさい!笑

けいすけ

ライングループで結婚報告・式招待をするのは悪くない

私の主張としては、基本的にLINEグループを使うのはOKです!

だって便利だし、早いし、確実なんですもん。いいじゃないですか。

詳しい理由や、LINEで招待するメリット・デメリットを順番に説明してきます。

ライングループで結婚報告・式招待をするメリット

招待する側(新郎新婦)と招待される側(ゲスト)でそれぞれメリットがあるので、分けて説明します。

招待する側のメリット

  • とにかく楽
  • 確実に伝わる
  • 送り漏れが防げる
  • なんて伝えたかいつでも履歴が追える
  • トークルームが増え過ぎず管理しやすい
  • まとめてお礼を言えるから返信回数が少なくて済む

招待される側のメリット

  • 他にどのメンバーが招待されたかが一目でわかる。
  • メンバーがわかるから一緒に会場に行く相談がしやすい
  • 日付や場所を忘れてもあとで見返せる
例えば誰の車で行ってとか、結婚式の後に飲みを企画したりとか調整ができるわけですよ。

個別で連絡をされていたら、誰が結婚式に出席するかわからないから、誘いづらいんです。

いちいち新郎新婦に「だれか結婚式に参加するの?」とか「○○ちゃんって結婚式参加する?」って聞かないといけません。これだとゲストも新郎新婦も手間です。

ライングループで結婚報告・式招待をするデメリット

もちろん、口頭や電話と比べるとLINEのデメリットがあります。LINEはあっさりした感じになっちゃうんですよね。軽いというか。

「結婚します!あなたに報告させて欲しいです!」という熱い想いは伝わりづらいですよ。感情論にはなっちゃいますけどね。

さらに、ライングループで報告する上で注意すべきことがたくさんあります。誰にでもOKってわけでは全くないんです。

人によっては直接や電話で伝えたほうがいい場合があります。以下で詳しく説明しますね。

こんな人にはLINEの結婚報告・式招待はだめ

実は誰にでもLINEを使ってOKというわけではありません。

利用NGな相手やパターンについてお伝えします。

自分の両親

さすがに自分の両親には直接伝えましょう。いくら現代っ子でも親にLINEはないよ。

遠方にいるとかなら電話しましょう。私は親に電話するのは1年に1回あるかないかですが、さすがに結婚するときと結婚式の詳細を伝えるときは迷わず電話でいいましたよ〜。

当然嫁も同じ行動を取ってました。

もし自分の娘がいて、LINEで結婚報告をしてきたらちょっと辛いかも笑。

兄弟くらいならLINEでもおっけーです笑。

目上の人にはLINEで報告は危険

お世話になった恩師とか、先輩とか目上(いわゆるおじちゃま・おばちゃまを含む)の人はライングループはおろか、そもそもラインだと失礼に当たります。

直接か電話か、せめてメールで伝えましょう。

会社の人はLINEとか言語道断

会社の人でそもそもLINEを知っているか疑問ではありますが、他の手段をとりましょう。

おすすめは直接口頭。どうしても無理な場合は電話です。メールもやめておいたほうがいいでしょう。

詳しくは【注意】会社への結婚報告をメールでしてはいけない理由でも書いています。

結婚式の招待状は紙で送るべき

「結婚式やるのできてください!だから住所を教えてね!」まではLINEでもOKです。

でもさすがに招待状は、紙で送るのが常識となっています。さすがに招待状までラインで送ったらひんしゅくを買いますからやめてください。

個人的にはこれも不要だとは思っていて、おそらく10年後とかは紙で送ることはなくなっているでしょうけどね。

▼あわせて読みたい
結婚式場の探し方・決め方って?結婚式場の探し方・決め方って?実体験に基づき全ポイントを解説 ハナユメとゼクシィの両方を併用するのが安くて最強の理由

実際どれくらいがライングループで結婚報告・式招待をしているか

私はアラサーのサラリーマンです。元々は地方出身者で今は東京ですので、色々な地域で結婚式をあげる人をみてきました。

その中で結婚する人を20組以上見てきまして、だいたい7、8割くらいの人がグループラインで結婚報告及び結婚式の招待をしていますね。

私の周りもそんな感じかな。

そのほかは直接か個別LINEです。その後に結局グループラインで再度結婚のお知らせがお知らせが来るんですけどね。

補足
ここでいう結婚式招待というのは、招待状とはまた別です。招待状は紙で出すのが普通です。

まとめ:結婚報告・式招待をライングループでおくる件

グループLINEで、結婚報告や招待をしていいかについてお伝えしてきました。

まとめると以下の通り。

  • 結婚報告をライングループでするのは問題なし
  • グループLINEなら招待される側、する側もメリットがある
  • ただ相手によってはラインはNG。相手を考えるべき

以下に結婚挨拶で知っておくべき全ての情報をまとめました。