結婚したのでプロポーズのあとの流れを解説【実体験】

「プロポーズのあとの結婚の流れっていまいちよくわからない」「とりあえず結婚が決まったんだけどなにをすればいいんだろ」という方向けに経験者がわかりやすく解説します。

そ〜!グッッド!

プロポーズのあとの結婚の流れサマリ

  • 流れ1
    プロポーズ
    プロポーズをしますorされます
  • 流れ2
    お互いの親に挨拶
    それぞれの親に挨拶に行き、結婚の承諾を得ます。
  • 流れ3
    式場探し
    結婚式場を探します。
  • 流れ4
    結婚指輪
    結婚指輪を検討し・注文します。
  • 流れ5
    両家顔合わせor結納
    両親と彼・彼女を集め、顔合わせを行います。
  • 流れ6
    職場報告
    婚約と結婚式の旨を伝えます。
  • 流れ7
    婚約
    役所で婚約手続きをします。
  • 流れ8
    同居開始
    同じ家に住み始めます
  • 流れ9
    招待状送付
    結婚式の招待状を送る
  • 流れ10
    結婚式
    結婚式を執り行います
  • 流れ11
    ハネムーン
    新婚旅行に行きます

プロポーズのあとの結婚の流れは、ざっくりこんな感じです。

以下より結婚式の日を0ヶ月目として、比較的余裕をもったスケジュールで詳細を記載していきます。

流れ1:プロポーズ(約13ヶ月前)

プロポーズをしたorされることが一般的に結婚のスタートかと思います。この間に将来のことについてじっくり話し合っておきましょう。

また最初にそれぞれ自分の親にしっかりと報告しましょう。今後の流れがスムーズになります。

▼あわせて読みたい

プロポーズされたら!結婚報告のタイミングや方法は?

流れ2:【プロポーズのあと】お互いの両親に挨拶(12ヶ月前)

プロポーズの後はまず各自で自分の親への挨拶をします。それがが終わったら、なるべく早めにお互い(相手)の親に挨拶に行きましょう。プロポーズされてから1ヶ月以内が理想です。

先に彼女(嫁さん)側の親へ挨拶に行くのが一般的です。そこで男性は「○○さんと結婚させてください」と許しをこい行きます。ドキドキですね。

流れ3:【プロポーズのあと】結婚式場探し(9~12ヶ月前)

プロポーズをあとに結婚式をする場合の流れは、どのエリアでするかをまず決めた上で結婚式場を下見します。いまはWEBで予約をするのが一般的です。

流れ4:【プロポーズのあと】結婚指輪を注文(6~8ヶ月前)

できればこの時期に結婚指輪を購入した方が良いです。両家顔合わせの時につけていくと、盛り上がります。もしくは当時に開封の儀をしても盛り上がるそうです。

結婚指輪は注文してから1ヶ月〜2ヶ月ほどかかりますのでご注意ください。ちなみに婚約指輪よりも断然安いのでご安心を。

▼あわせて読みたい

人気ブランドの結婚指輪をキャンペーンで安く手に入れる方法結婚指輪の来店予約キャンペーンを比較

流れ5:【プロポーズのあと】両家顔合わせの食事会or結納(5~8ヶ月前)

「両家顔合わせがめんどくさいからしない」がダメな理由

両親が一同に集まります。家族によっては兄弟があわせてくることがあります。そもそも結納をやるかどうかは親の意向で決めた方が良いです。

最近の流れとして結納をやる家族は減ってきており、全体の3割もいないそうです。

私のときは結納をしませんでしたし、兄弟も来ませんでした。3対3の食事会でした。

▼【これを読めば安心】両家顔合わせの記事一覧

【完全版】両家顔合わせの流れと段取りのすべて【完全版】両家顔合わせの流れと段取りのすべてを経験者が解説

流れ6:【プロポーズのあと】職場へ結婚報告(5~6ヶ月前)

職場の方への報告は早すぎてもあまり良くないので、このくらいのタイミングがちょうど良いでしょう。

女性の方は名前が変わることも多いと思いますので、婚約前には必ず言いましょう。

 

流れ7:【プロポーズのあと】役所で婚約手続き(4~5ヶ月前)※目安

区役所・市役所等で結婚届けを提出します。これで晴れて夫婦となります。

時期に関して、結婚式の前に婚約手続きをする方が多いようです。このあたりは人によりますが、結婚式の1年以上前から婚約している方もそこそこ多いです。

流れ8:【プロポーズのあと】同居開始(4~5ヶ月前)

一緒に住み始めます。結婚式の相談や準備は、同棲していた方が圧倒的にしやすいです。特に3ヶ月前から急に忙しくなります。

本当は同居はもっと早くても問題ないと思います。むしろ早い方がいろいろはかどります。

婚約のタイミングと前後することがあります。念のため親に前後しても問題ないか確認はとった方が良いです。

 

流れ9:【プロポーズのあと】招待状への送付(2~3ヶ月前)

結婚式の招待状を送ります。結婚式場のプランナーから「招待者リストアップ・招待状作成・送付」について流れの指示があるので、それに従えば問題ありません。

 

流れ10:結婚式(当日)

いよいよ結婚式を行います。みなさんから祝福をあびてください。緊張すると思いますが、思ったより楽しいですよ。

 

流れ11:ハネムーン(結婚式翌日〜6ヶ月後)

新婚旅行に飛び立ちます。結婚式の翌日から行くという方も多く、その場合は4~6ヶ月前から準備すると良いでしょう。

特に急がないという方は結婚式の後にゆっくり決めても良いと思います。結婚式の準備が大変だったので、私たちは焦らずに後から決めました。

結婚式までの大きな流れとしてはこんな感じです。

結婚したのでプロポーズのあとの流れを解説のまとめ

結婚となるとやることが多いので、プロポーズのあとから早め早めに対応することをおすすめします。

また忙しさのあまり険悪な空気がどうしても流れてしまうので、なるべく旦那様・奥様の意見を尊重して褒めてあげてください。二人が幸せになるために結婚したのですから、楽しくいきましょう!!グッッド!

以下に結婚挨拶で知っておくべき全ての情報をまとめました。そーグッド!