【事実】上司への結婚報告はいつすべきか本音を語る【実体験あり】

結婚報告を上司にするのはいつがいいか迷うよね
実体験をもとにベストなタイミングをお伝えするよ

けいすけ

上司への結婚報告はいつすべきか→上司を結婚式に呼ぶかどうかで異なる

色々なサイトや情報誌には、「結婚式の6ヶ月〜遅くても3ヶ月前までに結婚報告をすべき」と書いています。

でも実際には上司を結婚式に呼ぶかどうかで、いつかは変わってきます!

  • 呼ぶ場合→3ヶ月前まで
  • 呼ばない場合→2ヶ月前まで
でOKです。

MEMO
私は結婚式に呼ぶことにしていたので、ちょうど3ヶ月前のタイミングで、乾杯をお願いする課長にまず報告。後日、祝辞をお願いする部長に報告をしました。

このときに報告&依頼という感じで同時に済ませましたので、楽に終えることができました。男女ともに同じ流れで問題ありません。

ただの報告なのにやたら緊張したのを覚えています。何度も報告しに行こう、行こうと思ったんですが体がなかなか動かずとても日数と時間がかかりました。その意味でも早めに日付を切ったほうがいいかも

けいすけ

 

結婚式に上司を呼ぶ場合はいつまで?→3ヶ月前の報告でOK

理由はいくつかあります。重要な順で以下に書きます。

  • 1.上司が結婚式のために日程を開けておく必要があるため
  • 2.上司がスピーチの準備期間を確保するため
  • 3.新婚旅行でスケジュール調整が必要だから
  • 4.人事の調整が必要が場合があるから
ここで一つ注意が必要なことがあります。

それは結婚式の日取りや招待客が固まった段階で伝えるということです。決まっていない状態あれば、たとえ3ヶ月を切っている場合でも報告は待ちましょう。

 

結婚式に上司を呼ばない場合はいつまで?→2ヶ月前の報告でOK

2ヶ月前までである理由は、先ほど記載したのと同様の3.4が当てはまります。

  • 3.新婚旅行でスケジュール調整が必要だから
  • 4.人事の調整が必要が場合があるから
会社にもよりますが、これらの理由で遅くても2ヶ月前でまでであれば、問題ありません。なるべく早いに越したことはありませんが。

 

結婚式直前の上司報告でも良い場合

結婚式場探しを始めてから決定までの期間はどれくらい?

上司を結婚式に呼ばない場合に限り、以下の条件なら直前での報告で問題ないです。

  • あなたの勤めている会社がホワイト企業
  • 新婚旅行をしない
  • 新婚旅行の時期をずらす
もちろん早いに越したことはないですが。。

 

退職する場合はいつまでに報告する?→2ヶ月前までで問題ない

顔合わせのワンピースの上に羽織るカーディガンについて解説

もし結婚を機に退職する場合で上司を結婚式に呼ばない場合は、相当のブラック企業ではない限り2ヶ月前まででOKです。

転職で退職する場合も同じ。

最近は結婚のタイミングでやめる人はかなり減りましたね〜。

 

上司への結婚報告の方法は直接口頭が王道

両家顔合わせはスーツが鉄板!失敗しないスタイルを紹介!

いつ報告するか以外に、手段も重要ですよ。

連絡方法としては、いろいろ選択肢があるかと思います。普通は口頭です。

メールだと失礼にあたるのでやめたほうがいいですよ。私や嫁も口頭で報告しました。

詳しくは【注意】会社への結婚報告をメールでしてはいけない理由に詳細を書いています。

 

1日の間のいつのタイミングで上司に結婚報告を切り出すべきか

“嫁”

数ヶ月前にいうべきってのはわかったけど、どうやって切り出せばいいんだろ。

報告をするときは、就業時間中などの忙しい時間はなるべく避けたほうが無難です。

オススメは終業前、お昼休み、終業後もしくはスケジュールを確認して手の空いているタイミングにしましょう。

忙しい時に声をかけてしまうと、「ごめん、あとでいい?」みたいに言われたり、場合によっては怒られる可能性もあります。

言い方として、「少しお時間をいただけますでしょうか」と切り出すと良いです。できれば二人だけになれるような環境で話すようにしましょう。

2人になったら、以下を伝えると良いです。

  • いつ結婚式をするのか
  • 祝辞や乾杯を依頼する場合はお願いをする
  • 会社の人を呼ぶ場合、誰を呼ぼうと思っているのか

「結婚します!」と言えば、上司は「結婚式はいつなの?」とか一般的には聞かれると思うので、もし聞かれなかった場合はしっかり伝えましょう。

私の体験談
周りに聞かれるのが嫌だったので、私は上司を「ちょっとよろしいですか?」と会議室に一緒に行ってもらいました。少し不自然ではなりますが、一番ベストな方法だったと思っています。いつもと違う雰囲気になりますので、むしろ相手が興味深く聞いてくれましたね。嫁も同じ感じで話したそうです。

 

結婚報告の順番は上司が最優先

いつするか以外に順番がかなり大切になってきます。

「直属の上司→さらに上の上司→先輩→同僚」の順番が理想です。

よく失敗談としてありがちなのが、同僚に先に言ってしまい、噂でまだ知らぬ上司に伝わってしまったということ。

うちの会社でもありました。

噂は驚くくらい簡単に広まるものです。軽い気持ちで言ってしまわないように注意が必要です。

人の恋路とかの話題はみんな好きですからね笑。

 

取引先への結婚報告

苗字が変わる場合以外は報告をする必要はないです。

最近は仕事上の姓を変えないことが多くなっています。

 

仕事を続ける場合の注意点

結婚を報告するタイミングで、結婚後も仕事を続ける旨も伝えましょう。

名前や住所変更、税金や保険関係などの調整が必要になりますから、段取り良く進めてくださいね。

 

派遣社員が上司に報告するの注意点

先に派遣会社に連絡をするのが最優先です。順番に注意しましょう。

仕事を続ける場合は契約の見直しは不要ですが、もしやめる場合は派遣会社と調整が必要になります。その後にはじめて派遣先の会社に報告するようにしましょう。

 

他のメンバーへの報告方法や、いつするかのタイミングで迷ったら

もしどうやって同僚や取引先などに報告すべきか迷ったら、直属の上司に相談しましょう。会社によってやり方が違う場合もありますので。

 

まとめ

  • 結婚式に上司を呼ぶ場合は3ヶ月前までに報告
  • 呼ばない場合は2ヶ月前まで
  • 直属の上司に先に報告
  • できれば2人切りで話せる場を作る
そうすればうまくいきますよ!そーグッッド!

西野けいすけのツイッターはこちら(@keisuke_nishino)

以下に結婚挨拶で知っておくべき全ての情報をまとめました。