結婚挨拶の順番で彼女の親にまず会った話!逆はダメだぞ

嫁ちゃん

親に結婚挨拶するのはどっちを先にすべき?

という方向けです。

西野けいすけ(@keisuke_nishino)とその嫁ちゃんが、「実家の両親に結婚挨拶するときの正しい順番」についてお伝えします。

結婚挨拶の順番で彼女の親にまず会った話!

プロポーズが終わったら、「次は相手の親に挨拶せな!」というのが定番の流れです。

でも結婚挨拶の順番って彼氏の親が先なのか、彼女の両親が先なのか迷いませんでしたか?

当の私も迷いました。

そこで色々調べたんです。

結果、

「彼女の親が先という情報が99%!」でした。

もし「順番どっちにしよう…」と悩んでいる方がいたら、彼女の親に先に挨拶をしに行けばまず失敗はしません。

私は絶対失敗したくなかったので、セオリー通りに彼女の親に先に行くことを強く決断しました。

彼女の親に先に行くべき理由【結婚挨拶の順番】

でもふと思いませんか?「なんで彼女の親へ先に訪問すべきなんだろうか?」と

その理由は..

「そういうものだから!」

「風習だから!」

と思われがちです。

でもさすがにそれでは理由がパワープレイすぎますよね。

だからそもそも「なんでそういう風習になったのか」を掘り下げて考えてみました。

女性は相手の家の人間になるから

結論として「女性は相手の家にとつぐ」のが一般的だからです。

結婚すると女性は色々変化をしいられます。

例えば

  • 苗字が男性側になる
  • 本籍地が男性の住所と同じになる

など。

結婚する前は「鈴木さん」だった人が急に「西野さん」になるわけです。それって結構大きな変化だとじゃないですか。

人によっては代償と感じるでしょう。

手間もかかりますし、なにより名前変わるんですよ。名前って人のアイデンティティに占める割合ってものすごいじゃないですか!それが結婚によってガラリと変化するわけです。

嫁(ピンク笑顔)

旦那が急に難しいカタカナ語(アイデンティティ)使い始めた

女性は男性と比較し、大きな代償を払うわけだから女性には敬意を払うべきでしょう。

その具体的な行動として、「女性の親へ先に挨拶へ行く」のだと思います。

MEMO
ちなみに「嫁」という字は、「嫁ぐ(とつぐ)」という読み方もできますよね。ちょっと深い

結婚挨拶の順番が逆になる例外的なケース

でも!まれに男性の親へ先に挨拶へ行った方が良い場合があります。

それは「男性が婿養子(むこようし)になるとき」です。

婿養子になるとは、男性が女性の家にとつぐことになります。苗字も女性側の名前になり、戸籍や家系図などでも奥さん側に載ります。

先ほど説明したのと逆パターンです。

そう考えると、男女云々というよりも色々と変更を強いられる側を丁重に扱うのが正しいといえますね。

ちなみに婚姻した夫婦のうち妻の姓にした割合が4%もいるそうです。
※平成27年厚生労働省の調査

「ファッ!結構多いな!」と思ったのですが、みなさんどう思いましたか?TwitterのDMとかで感想くれてもいいですよ笑

結婚挨拶の順番は昔ほど厳しくはないが無難にいこう

色々言ってきましたが、正直なところ最近の親は昔と違って順番にそこまでこだわらない人が多くなっています。

でもあえてルールに背くメリットは何もないので、無難に攻めましょう。出鼻でくじかないほうが幸せになれますから。

嫁ちゃんの父親に「西野さん家の親には挨拶したの?」と聞かれました。

私「いえ、まだです!まず先に○○さん(嫁ちゃん)のご両親に挨拶すべきと思いましたので」と返したのです。天然ボケな私にしてはファインプレーだったかも。

私の場合はとりあえず相手の親にさえ認めてもらえれば、後のイベントは割とどうとでもなるとわかっていたので、結婚挨拶にかなりのパワーを注ぎました(甘いなw)

日程調整のスケジュール【結婚挨拶】

ちなみにプロポーズが終わってから、1ヶ月後くらいに相手の親に挨拶をする人が多いです。

アポどりのタイミングについては、最低でも依頼から2週間は余裕が欲しいですね。急すぎると失礼なやつだと思われますから。

例えば4月1日に結婚挨拶をしたいなら、3月半ばくらいには相談しておきましょう。もちろん早ければ早いに越したことはないです。

スケジュールは基本的に相手の親の都合に合わせましょう。彼女さんは間に入ってうまく調整してね。

こんな感じ↓

伝わります?

ただし遠方に住んでいる場合は、長期休暇とかに挨拶にいくケースが多いみたいですね。

結婚挨拶に手土産持参は必須

結婚挨拶を成功させるためにも、手土産は重要です。

恋人に事前に親の好みを聞いておきましょう。個人的には和菓子がオススメ。

私が推す手土産を以下にまとめてますので参考にしてみてくださいな。

まとめ:結婚挨拶の順番はまず彼女の親から先に行った話!逆はダメだぞ!

両親が絡むことになると風習には逆らえません。

基本的に結婚になると、男性の方が立場が弱くなるんですよね。面白いことに。

男性の皆さん頑張ろう!女性の皆さんガッツポーズですよ!

本記事の内容をまとめると、

  • 彼女の親に挨拶に行くのが勝者のセオリー
  • 女性は相手の家にとつぐからこそ丁重に扱われる
  • 婿養子の場合は順番が前後する場合あり
です。

そんな感じで、理想のウェディングの準備を進めましょう!そ〜グッド!

ツイッター(@keisuke_nishino)でも、結婚準備に役立つ情報をつぶやいています。

けいすけ