ゼクシィネットの口コミが参考にならないので自分で調べてみた

ゼクシィネットの口コミが参考にならないので自分で調べてみた

ゼクシィネットの口コミや実際使ったことのある人の意見を聞きたい」

「ゼクシィネットってなにができるの?」

という方向けです。

嫁ちゃん

今回は色々調べてもあまり口コミがなかったので、旦那に色々協力しました
ありがとう!

けいすけ

今回は嫁ちゃんと僕の既婚友達に、ゼクシィネットについての意見を色々聞いてみたよ。

合わせて私が実際に使ってみた感想も書いていきますね。

聞いたのは友達がメインなので率直な感想をもらいました。では早速どうぞ!

ゼクシィネットのネガティブな口コミ

先に前向きでない声からどうぞ。

情報量が多すぎてちょっと使いづらかった記憶があるね(けいすけ友人N)

ゼクシィは雑誌もネットもほとんど使わなかった(嫁友人S)

ごめんそもそも使ったことないわ(嫁友人A)

私も使ったことない(嫁友人M)

ノリで買ってみました! 一生に一度は買ってみようかなと笑 ほぼ中身広告なので、 ネットに出てる情報で十分でした笑(嫁友人H)

ゼクシィ以外のいろんなサイトも使ったよ。ゼクシィだから使ったというよりは、適当に検索して引っかかったのをみてそこから予約してたよ(嫁友人S)

なんとなく入籍前に買ったけど別に買わなくても良かった気がするw 今の世の中分からない事はネットで調べられるし(嫁友人M)

意外と使ったことがない人が結構きて驚きました。いまはたくさんサイトがありますもんね。

ゼクシィネットのポジティブな口コミ

次にプラスな口コミをまとめました。意見が偏るといけないので、ネットの意見も一部入ってます。

パソコンだけじゃなくてスマホでもみられるのは良い。最近めんどくさくてパソコン開きたくない(嫁友人O)

雑誌をわざわざ買わなくてもゼクシィのネットのやつで十分だった(嫁友人M)

読んで気分が盛り上がったけど、それだけw ほぼ広告だもんね。 ゼクシィアプリは使えた!(ガールズちゃんねる

他のサイトで載っていないような結婚式場があったりした記憶がある(嫁友人H)

ゼクシィの雑誌買ったけど中身は結婚式場の紹介広告だけで、正直スーモと変わらんと思った。 全部ゼクシイネットでも調べられることだし、お花畑な演出を推奨しまくってたりするから本気で信じずにパラパラ読むなら、いいかも(ガールズちゃんねる

結婚式はゼクシィってイメージが強かったからなんとなく使ってたなあ(嫁友人S)

式場の情報はネットより雑誌の方が見やすかったです。 web版も登録して、準備のページでチェックを入れながら進める事が出来たので楽でしたよ(ガールズちゃんねる)

雑誌買ったけど結局ほとんど開いていない。ネットで調べればわかることばっかりだった(けいすけ友人S)

ネットからブライダルフェアに参加すると商品券をもらえるのはすごいと思った(嫁友人K)

ゼクシィのアプリから式場見学予約したよ。 段取りもわかって便利だったよ。 雑誌のほうは読んだことない(がーるずちゃんねる

結婚式を探すだけじゃなくてコラムが意外と役に立った印象がある(けいすけ友人A)

駅とかホテルとか条件で絞れるのは便利だと思ったよ(嫁友人W)

友人から聞いた感じだと、極端にネガティブな感想を言っている人はいなかったですね。雑誌をディスる人は結構いましたが。。

ゼクシィネットで出来ること【私の体験口コミ】

出典:ゼクシィ公式サイト

ここからは私が実際に使ってみた感想も交えてお話しします。

まず「そもそもゼクシィネットで何が出来るのか?」

結論として以下ができます。

  • 結婚式場・披露宴会場探し
  • 海外挙式会場探し
  • 国内リゾート挙式会場探し
  • 婚約・結婚指輪探し
  • ゼクシィカウンターの利用
  • ドレス探し
  • エステ
  • 引き出物・ペーパーアイテム
  • ブーケ
  • 前撮り・写真
  • 2次会

いや〜こうやってまとめると本当にいっぱいあるね。
今回全て上げるときりがないから黄色く塗った箇所だけ説明するね。

“けいすけ”

結婚式場・披露宴会場探し|ゼクシィネット

ゼクシィネットを使う人の大半は、会場を探すサービスを利用する人が大半かと思います・

できることは主に3つです。

  • 結婚式場を検索して調べられる
  • 概算費用を見れる
  • 結婚式場見学・ブライダルフェア予約ができる
パソコンはもちろん、スマホからも使えます。

ゼクシィネットと雑誌の違い

ゼクシィは雑誌もありますが、どちらを使えばいいか迷いませんか?

ゼクシィネットと雑誌で情報の中身は基本同じですが、主に3つ大きな違いがあります。

ゼクシィネット雑誌
費用210円〜500円無料
キャンペーン適用ありなし
付録なしあり

一番大きな違いとしては、「キャンペーンの適用」です。これから詳しく説明します。

※ちなみに情報の鮮度は雑誌の方がやや古いですが、結婚式場はそんな頻繁に何かが変わったりしないので気にしなくていいです。

ゼクシィネットのキャンペーン

ゼクシィネット経由で結婚式場を予約すると、もれなく最大で40,000円の商品券がもらえます。雑誌経由だともらえないので要注意です。

このキャンペーン適用にはアンケートに答えたり、エントリーが必要になります。もっと詳しく知りたい方は、ゼクシィネット公式サイトや以下の記事をご覧ください。

他のサイトとゼクシィネットの違い【実際に使ってみて】

実はゼクシィネットのように、お得に結婚式場を予約できるサイトが他にもたくさんあります。

人気かつ有名なところだとマイナビウエディングハナユメなどです。これらのほうがゼクシィネットよりもキャンペーンがお得だったりします。

私や嫁ちゃんは事前にものすごく調べるタイプの人間なので、実際に色々なサイトを使い倒しました。(結婚式が終わった後もリサーチのために色々使ってます)

そこでわかったととして、ゼクシィの強いところは「圧倒的な会場掲載数」です。

最も老舗ということもあり、結婚式場が載っている量は最多なので、まずは最初にゼクシィをみて結婚式場を絞るのが得策かなと思いました。

ある程度絞った後にキャンペーンで他社と比較するのが、手間もかからずもっとも失敗しないやり方かな。
あまり色々なサイトを見すぎて混乱してしまうと、彼氏彼女の間で喧嘩する原因にもなるからね。

けいすけ

各社のキャンペーン比較などについては以下で詳しく書いています。

海外挙式・国内リゾート挙式会場|ゼクシィネット

ゼクシィネットでは普通の結婚式場・披露宴会場だけでなく、ハワイなどの海外や沖縄・北海道といった国内のリゾート婚情報も取り扱っています。

もしこの辺りに興味があれば、どんな会場があるのか調べることができますよ。もっと詳しくことは以下記事にも書きましたのでご覧ください。

婚約・結婚指輪探し|ゼクシィネット

ゼクシィネットでは、なんと婚約または結婚指輪まで調べることができます。またゼクシィで、指輪のブランドの実店舗を事前予約することが可能です。

普通にふらっとお店に立ち寄るだけではもらえない特典もゲットできるので、もし希望のお店があれば使ってみるのもいいかもしれません。

正直扱っているブランドはそこまで多くありません。その点には注意が必要です。

気になった人はゼクシィ婚約指輪/結婚指輪探し一度でみてみると良いかもしれませんね。

ゼクシィカウンターの利用ができる

ゼクシィでは独自のカウンターも全国に用意しています。

ゼクシィカウンターでできることは

  • 結婚式場探しの手助け・紹介
  • 結婚式場探しのノウハウ・コツを教えてくれる
  • 結婚式場に代わりに交渉してくれる
です。

利用はなんと無料です。ゼクシィネット経由でもカウンターの受付予約をすることができます。

ただ注意点として、ゼクシィカウンター経由で会場を予約すると、先ほどお伝えした最大4万円のキャッシュバックは受けられなくなりますので注意してくださいね。

キャンペーンを受け取るためには、ゼクシィネットから直接見学orブライダルフェアの予約が必要です。

結婚式の情報はどこで得るか調査結果【口コミ】

ちょっと脱線しますが、

今時結婚するカップルたちはどこで結婚の情報を仕入れるのか、Testeelabのアンケートをお見せしますね。

男性は

  • 「インターネット(スマホ)」が76.3%
  • 「雑誌」が64.5%
  • 「友人・知人」と「ブライダルカウンター(結婚式相談所)」が34.9%
女性は
  • 「インターネット(スマホ)」が84.6%
  • 「雑誌」が64.9%
  • 「友人・知人」が42.3%
となっています。

男女ともに大抵の人がスマホを使って情報を得つつ、

結婚情報誌などの雑誌から情報収集している人も6割以上いることがわかります。

※出典:TesTeeLab.「結婚式に関する調査

まとめ:ゼクシィネットの口コミが参考にならないので自分で調べてみた

本記事の内容をまとめると、

  • ゼクシィネットのネガティブな口コミもあるがあまり大きなものはない
  • 雑誌と違ってブライダルフェア予約でキャンペーンが適用される点が大きい
  • 他の結婚情報サイトよりも式場掲載数が多い
  • まずは網羅数の多いゼクシィネットで会場を絞るのがおすすめ
  • ゼクシィネットでは挙式会場探し以外にも、多種多様なサービスを展開している
  • 最近は人は男女共結婚情報をスマホで得る人が多い
です。

そんな感じで、理想のウェディングの準備を進めましょう!そ〜グッド!

ツイッター(@keisuke_nishino)でも、結婚準備に役立つ情報をつぶやいています。

けいすけ