結婚式のムービーで著作権を回避する方法【危険】

「結婚式のムービーについて考えてるんだけど、音楽や画像の著作権についてよくわからない」という方向けです。

本記事を読めば以下がわかります。

  • 結婚式ムービーの著作権を回避する方法
  • 著作権の申請が必要なのか
  • どうやって音楽や画像を使ったらいいのか

 

結婚式ムービーの著作権は注意が必要

近年著作権がものすごく厳しくなっており、知らないうちに法を犯してしまう可能性があります。例えば以下をやってしまい、知らぬ間に著作権に触れる人が非常に多いです。

【よくあるダメな代表例】

DVDにミュージシャンの曲を勝手に入れて作成したものを、結婚式場で流す

この場合、結婚式場のプランナーは受け取ってくれませんし、もし受け取ったとしても当日流すことは不可能です。

勝手に音楽をデータに入れて使うということは、著作権に違反しているからです。

 

【結婚式ムービー】著作権への解決策

じゃあどうすべきなのかを説明していきます。

対策として3つ方法があります。

1.ISUMで申請する

著作権の申請を代行してくれるISUM(アイサム)という団体があります。「この曲を使わせてもらいます」と使用料を払うことで、その曲を使うことができるようになります。

しかし以下のデメリットがあります。

  • 法人でないと申込めない
  • 申請から確認には最低1ヶ月前後かかります。
  • 対応していない曲が多い(許諾楽曲数:12,637曲(2018/10/10 更新))

出典:ISUM公式サイト

結論として、一般の方には申請は難しいです。ただし業者に動画を外注すれば、ISUMの申請を代行してくれるため好きな音楽を入れたDVDを使用可能です。

▼関連記事

結婚式のプロフィールムービーを自作するのはおすすめしません

 

2.DVD+本物のCD

他にアナログな方法としては、DVD+CDを同時に流すというものです。DVD側で音は出さず、披露宴会場のCDプレイヤーから音楽を出します。

その場合2つの手法があります。

  1. DVD(音なし+映像あり)+同時にCDを流す
  2. DVD(音ありだが消音)+同時にCDを流す

1はムービー作成の段階で音声を一切入れない方法です。

2はムービーに音声が入ってはいるけど、音を消して聞こえないようにするということです。

たいていの結婚式場にはDVDとCDを一斉に流すことが可能なので、この技を使う人がけっこういます。また「この映像のタイミングでCD曲を00:30のところから流してください」と開始タイミングもお願いしてくれれば対応してくれます。

注意点として、CDは市販のものを買わないといけません。コピーしたものを使うとこれまた著作権侵害となります。

CDを安く手に入れるために

新品で買うと定価になってしまうのでおすすめしません。

CDをブックオフとかで探すのもいいですが、Amazonで中古を割安で売っていることが多く、品揃えも良いので一度検索してみると良いです。

 

 

3.DVDにフリー音源を入れて流す

ネット上などにあるフリー音源を使う方法があります。これであれば著作権がそもそもないので引っかかることはありません。

ただ有名アーティストのものや、高品質のものは少ないです。

 

結婚式ムービーで画像の著作権も注意

音楽同様、勝手にネットから入手した画像も利用はNGです。フリー画像を使うか、自分たちで撮った画像を使うようにしましょう。

 

ディズニーの著作権には特に注意

もっとも著作権侵害で怖いのが、ディズニーです。非常に厳しい会社として知られています。音楽はもちろん、画像の無断使用は絶対にやめてください。

企業さんから訴えられるリスクがあります。

 

著作権の申請が面倒なら動画を外注するのも手

動画を外注すれば、業者やクリエイターがISUM申請を代行してくれるところが多くありますので、探してみるといいです。

私がココナラというサービスで動画作成を依頼しました。料金も非常に安く、高品質です。

しかもクリエイターさんは400人程度から選べるので、自分の好みや条件にあった人も必ず見つかるはず。

まとめ

  • 著作権はこわい
  • アーティストなどの音楽を使うには許可が必要
  • 許可を取るのが面倒なので無音のDVD+市販のCDという作戦がある
  • フリー音源を使うという手もある
  • 画像の著作権にも注意

そうすれば、グッッドです!

西野けいすけのツイッターはこちら(@keisuke_nishino)

▼あわせて読みたい

結婚式ムービーが間に合わないときの対処方法 結婚式のオープニングムービーを「なし」とすることはあり?