「両家顔合わせがめんどくさいからしない・なし」がダメな理由

「入籍するんだけど両家顔合わせはしないでいいかな?」

「遠方に住んでるし顔合わせ面倒だわ。なしにしたい!」はダメです!

けいすけ

なぜ顔合わせをしない・なしがダメかを解説していきます。

両家顔合わせは確かにめんどくさい・なしにしたいのはわかる

嫁ちゃん

私たちもとっても面倒だと思ってたら気持ちわかるよね
ね!できればなしにしたいと思ってたよ

けいすけ

そうなんです。両家顔合わせが面倒なのはわかります。

私は人と喋るのがどちらかというと苦手な方なので、私も「嫌だな〜、できればやりたくないな〜」「しないでやる方法はないかな」と思っていました。

でもやってみると意外と楽勝なのと、やったほうがメリットが多いので結局顔合わせをして正解でした。

その理由をお伝えします。

両家顔合わせをしないといけない理由

順番に解説していきます。

顔合わせをしないと両家の関係が悪化しやすい

顔合わせをしておけば、関係は大抵よくなります。

一般的に「人は会えば会うほど、相手への好感度が上がる」という法則があります。一度も会わない相手に対しては冷たくなってしまいます。

今後家族として関わる中で、関係をよくしておかないといろいろなトラブルになることがあります。

両家顔合わせなしだと結婚破棄のリスクが増える

主に結婚式のときに意見が折り合わずに、本人同士ではなく両親のせいで結婚破棄をしなければいけなくなるパターンが地味にあります。私の周りでもありました。

顔合わせで顔なじみになっておけば、すこしはそのリスクを減らせると思います。

場面は違いますが、たとえばマンションの隣人で一度挨拶したことがある相手とそうでない相手なら、どちらのほうが印象がよいでしょうか。普通は一度挨拶をしたことがある方だと思います。

人間は知らない人に対しては冷たく当たってしまう傾向にあるそうで、注意が必要です。

顔合わせをしない・なしだといざという時に助けてもらえない

顔合わせをしないと今後いろいろなイベントで協力を得にくいです。

直近だと結婚式とかでしょうか。例えば両家でどれだけお金を出すかや、ご祝儀の回収を依頼する場合などに顔合わせをしておいた方が気軽に助けてもらいやすいです。

またもし旅行に行ったり、体調が悪い時に一時的に子供を預けるとか、面倒を見てもらいたいときに気軽にしづらいです。

顔合わせなしだと世間からの目が冷たくなる

大抵の人達は両家顔合わせをやります。逆にやらないとなったら「あの人たちなにかあったのかしら?」と世間のイメージが悪くなります。

顔合わせをしておけばいろいろ相談に乗れる

なんだかんだ両親は人生長く生きていますから、いろいろな困難に立ち向かってきています。

その時にいろいろなアドバイスを聞くことができます。たとえば家を買うとか、子供を育てるとか、不謹慎ですが葬式の仕方とかですね。

両家顔合わせでコミュニケーションスキルがあがる

顔合わせを企画したり、進行したりするのに調整や会話をする機会が多いです。その中でコミュニケーションスキルが向上します。

しかも割と上の世代とやり取りすること機会ってなかったりするので、良い経験になります。

両家顔合わせでどんな事を話したらよいかは、両親顔合わせの進行の仕方・挨拶のセリフ例を公開【役立ちます】で解説しています。

なんだかんだ仲良くなっておいたほうが助かる

「いやいや、今後相手の両親と絡むことなんてほとんどない」って思っている方。結婚とは恋人と違って、相手の家族とも家族になる儀式なんです。

意外と接点は多いものでして、例えばお盆、正月は結婚相手と一緒に親元の行ったり、相手の親戚やいとこが結婚する場合などは同席したりします。

葬式だってそうです。葬式では会食だってあります。

また不慮の事故やリストラや天災(地震、洪水、噴火など)に巻き込まれる可能性もあります。

顔合わせをしない・なしのデメリットが大きすぎる

顔合わせをしないメリットは以下があるでしょう

  • 当日の面倒な段取りが不要
  • 交通費がかからない
  • 食費がかからない
  • 時間が取られることから解放
  • 心理的ストレスから解放
  • 洋服を買わなくていい
しかしこれはすべて一時的なものです。

顔合わせをしないことによる先ほど述べたデメリットは、これから一生つきまといます。

結婚生活を続けている間はもちろん、万が一離婚する時でさえも、ダメージを受け続けるでしょう。

そうなったときに本当に両家顔合わせをしなくていいんですか?

彼氏・彼女のルーツを両家顔合わせの会話で知れる

両親から彼女の幼少期や家庭環境、地元の話を聞くことで彼女のことをより深く知ることができます。感情論かもしれませんが、自分が愛する妻のことを深く知っておくのは大切なことだと思います。

第3者から意見を聞くことで普段は知らない一面を知ることができるようでしょう。僕も嫁ちゃんの新しい性格や習慣を知れてよかったです。

両家顔合わせも結納しない人は約5%のみ

実際のデータでみてみましょう。

両家顔合わせをした・しないアンケート結果によると、

  • 両家顔合わせのみした:80.9%
  • 両家顔合わせも結納も行った:10.5%
  • 結納のみ行った:3.4%
  • どちらもしない:4.8%
  • 無回答:0.4%
となっています。

どちらもしなかった人はわずか5%未満なんですよね。

結納をした人なら顔合わせ食事会をしないのはありだと思いますが、そうではない人は必ずやるべきです。

まとめ:「両家顔合わせがめんどくさいからしない・なし」がダメな理由

今回は「両家顔合わせがめんどくさいからしない・なし」がダメな理由についてお伝えしてきました。

いくら面倒でも多少お金がかかっても、私は両家顔合わせをすることをおすすめします。

結婚するということは相手の親とも家族になるわけですから、絶対に仲良くしておいたほうがいいです。あなたの幸せのためにも。

さすればそーグッッドですよ!

以下に両家顔合わせで知っておくべき全ての情報をまとめました。そーグッド!

結婚式場をこれから探すという方は、ゼクシィハナユメを併用するのがおすすめです。