インスタでも結婚式のお役立ち情報を発信中>

【東京都内】新婚の間取りおすすめは?体験談あり

【東京都内】新婚の間取りおすすめは?

「東京都内の新婚夫婦におすすめの間取りは?」

という方向けです。

嫁ちゃん

都内は高いからたくさん悩んだよね
ね!東京で間取りを選ぶ、ポイントをおさらいしていこっか!

けいすけ

この記事では、昨年から東京に賃貸で住んでいる私たちの実体験を元に以下をお伝えします。

  • 東京都内に賃貸で住むのにベストな間取り
  • 間取りごとの都内の相場
  • 家賃を安く済ます方法

【東京都内】新婚のおすすめ間取り

結論から言ってしまうと、新婚で住むなら2LDKがおすすめです。実際にわたしは2LDKに住んでいて、かなり快適ですよ。

たぶん1LDKとかにしていたら後悔していたと思います。

理由は以前こんな感じでつぶやきました。

実際に新婚さんに一番選ばれているのも2LDKだそうです(あくまで全国のデータですが)

※詳細は新婚夫婦は1LDKと2LDKどっちの間取りがいい?実際に住んだ感想で書きましたので、あわせてどうぞ。

東京都内は驚くくらい家賃が高いよね

さて新婚夫婦のみなさんは

  • 2DK
  • 1LDK
  • 2LDK
のいずれかで悩まれている方が多いと思います。

基本的に2DKが一番安く、2LDKが一番高いです。

東京都内は本当に家賃が高い…より良い間取りになればなるほど、賃貸も上がっていきます!!

23区内の2LDKだったら15万円以上は覚悟しないといけません。

間取りのおさらいをするよ

「そもそも1LDK、2DK、2LDKってどんな間取りだっけ」についておさらいをしますね。

※もうご存知の方は先へ進んでください。

【1LDK】

1LDK

  • 8畳以上のリビングが1つ
  • その他の部屋が1つ
【2DK】

2DK

  • 6畳以上のリビングが1つ
  • その他の部屋が2つ
【2LDK】


  • 10畳以上のリビングが1つ
  • その他の部屋が2つ

間取りをまとめると以下のとおりです。

リビングその他部屋
1LDK8畳以上1部屋
2DK6畳以上2部屋
2LDK10畳以上2部屋

なんでこんなややこしい名前の付け方したんだろ…泣

東京都内の間取りごとの家賃を比較

東京都内といってもエリアによって家賃の開きがあります。

どれくらい違うか一覧にしてみたのでご覧ください。(※2KDに関しては2Kも入ってしまっているので実際はもっと高くなります)

2K・2DK1LDK2LDK
港区15.80万円21.20万円28.70万円
千代田区データ無19.00万円29.50万円
中央区14.80万円17.70万円24.25万円
渋谷区15.70万円20.00万円28.00万円
品川区12.50万円15.80万円21.75万円
目黒区12.50万円15.80万円23.50万円
文京区11.95万円16.30万円22.00万円
新宿区11.50万円16.00万円24.45万円
中野区10.50万円12.40万円15.90万円
台東区10.50万円14.00万円17.90万円
世田谷区10.00万円13.20万円17.50万円
杉並区10.00万円12.10万円14.00万円
豊島区10.00万円14.30万円19.00万円
大田区9.85万円12.05万円15.00万円
墨田区9.50万円13.35万円15.50万円
江東区8.80万円14.40万円19.50万円
北区8.70万円11.20万円16.00万円
荒川区8.60万円11.80万円15.90万円
練馬区8.20万円10.35万円12.00万円
板橋区8.00万円10.40万円12.30万円
江戸川区7.50万円9.25万円10.70万円
足立区7.00万円9.00万円9.70万円
葛飾区7.00万円9.10万円10.60万円
三鷹市8.30万円10.10万円11.40万円
調布市8.50万円10.40万円11.90万円
狛江市8.00万円9.00万円12.55万円
国分寺市7.05万円9.50万円10.60万円
国立市7.50万円9.50万円9.90万円
府中市7.00万円8.90万円10.10万円

※出典:2019年6月24日時点のCHINTAIのデータを元に当サイトで作成
※都心からあまりにも遠いところは除外

東京都内の家賃のイメージは付きましたか?やはり東京23区が特に高いですよね。

それでも実際に探すときは、ここに書いてある金額より1〜2万円くらい高いと思ったほうがいいです。体感として、だいたい平均くらいの相場だとボロかったりするので。

新婚さんが東京都内で安く住む方法

東京都内の家賃の状況がわかったところで、どうしたら安く住めるかをお伝えします。

安いエリアを狙う

東京都内でもバラツキがあるのがわかると思います。

間取りにかかわらずよほどのお金持ちでない限り

  • 千代田
  • 港区
  • 中央区
  • 渋谷区
は選択肢から外したほうがいいです。

反対に山手線を中心にしたときに特に都内で家賃が安いのは、「北部、東部、そして23区外(極西)」です。

具体的には

東京東部
  • 墨田区
  • 江東区
  • 江戸川区
東京北部
  • 荒川区
  • 北区
  • 足立区
  • 葛飾区
ただし東京東部、北部は地盤が弱かったり災害に弱かったりするので、安いなりの理由があることは認識しておきましょう。

参考:東京都建設局ハザードマップ国交省ハザードマップ

それ以外に安いエリアとしては

東京23区外
  • 三鷹市
  • 調布市
  • 府中市
  • 国立市
  • その他市
などの市になります。西側は災害には強いですけど、都心部に通勤する人は遠さが気になるかもしれません。

あまりにも通勤が遠いと億劫になってしまうのでなるべく近い場所が理想です。

できれば通勤30分以内、無理でも1時間以内にするといいでしょう。

いっそ東京以外に住む

「東京の安いエリアでも高すぎる!」「ナニヨリオカネダイジ」という人はもはや東京以外に住むのも手です。

神奈川、埼玉、千葉になると一気に家賃が下がります。

ただし都心に向かう電車は、どこも漏れなく混雑ラッシュに巻き込まれることを覚悟しておきましょう。

2DKを狙う

2DKは比較的家賃が安いので狙うのもおすすめ。私たちも何件か2DKを見ましたが、穴場的な物件が多かったです。

デメリットとしては、1980年代頃に流行った間取りのため、古い物件が多いこと。築年数にそこまでこだわらないのであれば、2DKはお手頃なのでグッドです。

体感としては築20年くらいのマンションが多かったかな。1部屋フローリング、1部屋畳みたいな。

もし古い物件を選ぶ場合は1981年以降に建てられた物件にしましょう。新しい建築基準法にのっとって作られているので、耐震面でも安心です。

駅を絞り過ぎない

「この駅がいい!」と極端にしぼりすぎると、なかなか希望の物件が見つかりづらいです。

そのため「〇〇線沿線の会社から何分くらいの場所!」くらい大雑把なほうがいい物件に巡り会えます。

私たちも最初にしぼりすぎて、なかなか決まりませんでした。合計10件以上はみることになっちゃいました。。

仲介手数料を節約する

不動産会社に1ヶ月分の仲介手数料がかかるのが一般的です。コレがけっこう手痛い。

以前も紹介したietty(イエッティ)という家探しサイトをつかえば、手数料が半額に出来るので積極的に使うことをオススメします。

温泉旅行を2回分くらいはペイできますね。利用料は無料です。

チャットでやり取りできるのでラクでした。

礼金・礼金がないor安い物件を探す

初期費用は安いに越したことはないので、敷金礼金は安いところを探しましょう。

「敷金」は退去時にある程度返ってきますが、礼金は一切返ってこないので特に礼金を安い物件を選びたいです。

高いところは礼金2ヶ月ずつ取られます。できれば0ヶ月の物件がベスト。

ただ0ヶ月は募集自体少なかったり、不人気のワケあり物件が多いので、1ヶ月分のところが現実的かなと思います。

引越し費用を節約する

引越し費用は1人あたり4万円〜10万円程度かかります(距離により異なる)

私は初回の見積もりで6万円を提示されました。

しかし一括見積もりサービスを使ったら結局3万円くらいになったので、皆さんも利用したほうがいいです。

おすすめは

一括見積のデメリットをぶっちゃけると。電話がすごい来ることです。でも最近登場した引越しラクっとNAVIは、電話がかかってこないので電話嫌いの人はこちらがおすすめ。

一度だけ専用のサポートセンター(優しいお姉さん)が希望を確認する電話をしてくれるだけで、 引越し会社とは話すことなく見積りが出てきます。

まとめ:東京都内における新婚の賃貸間取り

嫁ちゃん

東京都内における新婚の賃貸間取りについてお伝えしてきました。
間取りのイメージはつきましたか?

けいすけ

個人的に間取りは全力で2LDKをおすすめしますが、お金は大切なので2DKや1LDKも選択肢に入れておきましょう。

他にも新婚生活や結婚式の準備で役立つ記事を書いています。そーグッド!!