東京の結婚式場ランキングはこちら>

新婚の家具にかかる費用を項目別に徹底解剖

新婚の家具にかかる費用を項目別に徹底解剖

「新婚で家具を用意するのに費用はいくら必要?

「家具ごとに予算を知っておきたい」

という方向けです。

嫁ちゃん

予算は気になるところだよね
かなり細かめに解説していくよ

けいすけ

昨年結婚式を挙げ、結婚式本を10冊以上読んだ私たちが書きました。

このブログ記事を読めば、新婚の家具の費用・予算における目安が一通りわかります。

新婚の家具にかかる費用を項目別に徹底解剖

新婚の家具にかかる費用を項目別に徹底解剖

とりあえず新婚カップルが家具の購入でかかった平均費用は28.4万円(2018年)です。

ちなみに2017年の段階では31.6万円だったので、家具にお金を使う人は減っているということになります。

3万円も変わるってけっこう大きいよね。

さらに金額の内訳をみていきます。

※出典:新婚生活実態調査2018を元に当ブログ独自にグラフ作成

5万円とかおかしい。120万円以上もおかしいけど。

さて表を元にすると、多い順に以下の通りです。

  • 1位:20〜40万円(31.4%)
  • 2位:10〜15万円(17.1%)
  • 3位:40〜60万円(13.5%)
体感として、最初になにもない状態だと最低でも10万円以上はかかってしまうかと思います。

ただそれはかなり節約した場合で、普通に買ったら20万円以上はかかるでしょうね。

新婚家具でみんなが買ったもの

新婚家具でみんなが買ったもの

ここからは新婚生活に向けて実際に買った家具の個数や、具体的な家具の内容をお伝えします。

アイテム数

購入した家具の個数は平均が6.3となっています。

少なくね。

これ一人暮らしでけっこう持ってたかとか実家から持ってきたケースが結構含まれてそうですね。

もっとばらしてみると以下のとおりです。

  • 1~2個:9.8
  • 3~4個:19.2
  • 5~6個:25.2
  • 7~8個:23.8
  • 9~10個:15.7
  • 11個以上:6.4
※出典:新婚生活実態調査2018

傾向としては5〜6個の夫婦が一番多く、次に7〜8個が多い状況です。

5個以下とかの人は、元々済んでいた家のものを使ったとか、徐々に買い揃えていった人が大半でしょうね。

さすがに家具があまりにもないようだと生活できませんから。

買った商品(人気順)

実際にどんな家具を買っているのか、購入者が多い順に掲載していきます。

購入率とは新婚生活において、買った人の割合です。

購入率(%)
カーテン類77.8
ラグ・カーペット・じゅうたん64.1
自分たち用の布団63.5
ソファ56.3
食器棚54.3
自分たち用のまくら52.7
ベッド52.6
リビングテーブル51.7
ダイニング家具37.8
AVボード30.7
整理だんす(チェスト)26.2
本棚16.9
洋服だんす13.4
来客用の布団10.3
ドレッサー(鏡台)9.0
婚礼たんすセット1.2
和だんす1.2
その他のインテリア・家具5.6

※出典:新婚生活実態調査2018

個人的にカーテンとかほぼ100%でも良いと思ったんですけど、やはり元々使っていたものを持ってきたということですかね。

そうじゃないとおかしいですよね。買わないという選択肢ないはずだし。

シャッターみたいなの使っている家なんて稀だろうし。

夫婦における家具の予算はどのようにする?

夫婦(彼氏・彼女)の間でどうやって費用負担をしているのか気になりませんか?

どこを調べてもなかったので、独自にインスタでフォロワーさん(神)にアンケートを取らせていただきました。

集計内容とみんなの平均は以下のとおりです。

【質問内容と結果】

バーが左に行くほど妻の比率が高く、右に行くほど夫の費用比率が大きいことを表します。

ちょうど半分ずつか、ほんのちょっと夫が多く負担しているみたいですね。

旦那さんのほうが多く出しているかと思ったら意外とそうでもないらしい。

回答総数は57人。

1つ1つ集計してみると、けっこうバラバラの結果になりました。

以下に回答が多い順に並べました。

  • 折半:22人
  • 夫が多く負担:11人
  • 妻が多く負担:10人
  • 夫が全て負担:8人
  • 妻が全て負担:6人
ちょっと分かりづらいので比率にしてパーセンテージ表記の円グラフを作りました。


  • 黄色が折半
  • 青系が夫
  • 赤系が妻
を表します。

こうみても意外と女性が出しているケースが多い。

女性全額というのもけっこう多くて個人的には衝撃でした!

たぶん昔は男性が全てまたはほとんどを払っていたんでしょう。

しかし最近は共働きが増えていたり、男性もなかなか給料が上がらなかったりと言った現状が要因としてありそうです(ただの予想)

アンケートにご協力いただいたみなさんありがとうございます。

我が家の家具の費用負担はどうしたか【実体験】

西野夫妻は家具の費用負担はほぼ折半でした。若干わたしのほうが多かったかな。

私の給料も嫁ちゃんの給料もさほど変わらないというのと、嫁ちゃんはしっかりコツコツ貯める派なので貯金が多かったというのもあります。

あと二人で協力して家庭を作っていくので、片方の負担が偏りすぎてしまうのもなにか違うと考えました。

家具にかけるお金をどれくらいにするかどうかは、二人の価値観がほぼ同じだったので助かりましたね。

少し嫁ちゃんのほうが節約したがっていたかも。

私はちょっと歩み寄ったつもりです(相手も私に歩み寄ったと思っているかもしれないw)

もしかしたら男性のほうが高い家具とかにこだわる人がいそうな気がするので、二人の考え方が合わないと揉めるかもなと思いました。

もちろん夫婦の中には専業主婦(主夫)とか、年収のバランスの関係があると思うのでそれによっても変わるとは思いますよ。

まとめ:新婚の家具にかかる費用を項目別に徹底解剖

今回は新婚の家具費用をお伝えしました

けいすけ

嫁ちゃん

年々使われてるお金が減っているのは知らなかったな〜

まとめるとこんな感じ。

  • ①新婚家具の平均金額は28.4万円
  • ②平均購入家具数は6個
  • ③費用負担はほぼ折半

家具にどれだけお金をかけるかはそれぞれの夫婦の価値観次第と思いますけど、できれば今回の金額も参考にしていただければ幸いです。

こんな感じで花嫁・花婿さんのためだけを思った記事を書いています。

節約や役立つ情報を他にも書いているので、ぜひ見て回ってくださいね。

素敵な結婚式になることを祈ってます!そーグッド!