インスタでも結婚式のお役立ち情報を発信中>

新婚夫婦の共通口座におすすめの銀行口座4選【実際に使ってみて】

新婚夫婦の共通口座におすすめの銀行口座4選

「新婚夫婦の共通口座はどこの銀行口座がいい?」

という方向けです。

嫁ちゃん

共通口座どこにしようか悩みに悩んだよね
たくさん検討したよね〜。おかげで今は快適に使えてるね!

けいすけ

この記事では

  • 新婚夫婦におすすめの銀行口座
  • 共通口座にする方法

に関して、昨年結婚式を挙げて結婚の専門書を10冊以上読んだ私が本音でお伝えします。

私は実際に10つ程度の銀行口座を持っているので、実体験からの意見です。

新婚夫婦の共通口座におすすめの銀行口座

結論からいうと、我が家では「住信SBIネット銀行」を夫婦の共通口座として使用しています。

元々はメガバンクを共通口座にしようとしていました。

しかし手数料や使い勝手を考え、住信SBIネット銀行という結論に。

もう使い始めて1年ほどになりますが、本当におすすめです。

私たちがどういった理由で、この選択に至ったか順に説明していきます。

メガバンクのメリット【新婚夫婦の共通口座にする上で】

メガバンク(三菱、住友、みずほ)とネット銀行にはそれぞれメリット・デメリットがあるなと感じました!

まずはメガバンクのメリットからお伝えしますね。

家族カード(代理人カードが作れる)

あまり語られていないこととして、メガバンクは代理人カードという名目でキャッシュカードを複数作成できます。

すると夫・妻に1枚ずつ渡しておけるので、それぞれ好きなときに引き落とすことができるんです。

一方でネットバンクには家族カードが作れません。

各社に電話で聞いてがっかりした記憶があるので、間違いありません(今後変更の可能性はあり)

  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
このあたりの人気のネット銀行で、いずれも家族カードは作れません。

後で調べてみても作れないとの記載が公式サイトにありましたので、抜粋しています。

Q.口座を一人で複数持つことができるか教えてください。
A.名義人ご本人さまにつき一口座です。お一人のお客さまが、異なる支店で複数の口座を開設することはできません。家族カードや代理人カードの取り扱いはございません。出典:新生銀行

Q.〔口座開設〕 家族カードや代理人カードは作れますか?
A.家族カードや代理人カードの取り扱いはありません。 ※2017年7月31日をもってSBIカード(MasterCard)の新規申込み受付を停止いたしました。出典:住信SBIネット銀行

Q.家族カードの発行はできますか?
A.家族カードはお取り扱いしていません。出典:楽天銀行

補足
家族カードの名義は契約者本人です。例えば銀行の契約者が私の場合、家族カードの名義も私になります。

実店舗がある

実際の店舗があるというのがメガバンクの強みです。

なにかあったときに窓口に相談することができます。

ただし地方だとあまり数がないため、うま味は都心に住んでいる人だけかもしれません。

ATMが割と多く存在する

地域にもよりますけど、メガバンクのATMが比較的多く設置されています。

自社のATMを使うと、手数料が優遇されたりするので数があるとありがたいです。

潰れるリスクが少ない

メガバンクは他の銀行に比べて潰れづらいといって良いでしょう。

だからこその安心感があります。

とはいえ今はもし銀行が潰れても、法律で「1,000万円までの預金」は最低でも保証されるのでそこまで心配はいりません。

ネット銀行のメリット

次にネットバンクのメリットについて、実際に使って感じた点をお伝えします。

コンビニの手数料がお得

メガバンクに比べて、コンビニATMの手数料が無料になる条件がゆるいです。

また条件を満たすと5回以上手数料が無料な銀行も多くなっています。

ネットバンクは自社のATMがない一方で、コンビニのATMや他社銀行のATMで色々な優遇される点が魅力です。

ちなみに主にお得なのは以下の手数料です。

  • ATM入出金手数料
  • 振込手数料

詳細はこの記事後半のおすすめ銀行口座の説明で開設しています。

電話で何でも解決する

実店舗がないので、電話で対応してもらうことになります。

実感として、どの銀行も対応はかなり丁寧でした。

SBIとか楽天って対応が悪いという先入観があったのですが、いつも素晴らしい対応をしてくれます。

またメガバンクだと店舗でしかできない対応も、ネットバンクであれば電話だけで完了する点がありがたいです。

銀行の店舗って平日の朝〜昼間しかやってないので、なかなか行けないのですが電話だと割と都合つきますし。

例えば住信SBIネット銀行では、オペレータ営業時間も

  • 平日 9:00~18:00
  • 土・日・祝日 9:00~17:00
となかなか幅広い時間に対応してくれます。

金利が高い

条件にもよりますけど、ネットバンクでは金利が0.1%になることも割とあります。

一方でメガバンクの金利は以下のとおりです。

金利
三菱UFJ銀行0.010%
三井住友銀行0.010%
みずほ銀行0.010%
ゆうちょ銀行0.010%

※2019年6月15日現在

元々が少なすぎるので感覚がおかしくなりますが、ネット銀行のほうが5倍〜10倍ほど金利が有利になっていることが多いです。

新婚夫婦のおすすめの銀行口座4選【共通口座はコレだ】

ここからは具体的に新婚夫婦の共通口座にとって、どの銀行がいいかオススメ順にお伝えしていきます。

一番オススメしたい金融機関は2つあります。

1位タイ:東京スター銀行

◯メリット1:ATM利用手数料が無条件で複数回無料

東京スター銀行はコンビニやゆうちょ、都市銀行などの出金が8回まで無条件で無料です。

条件無しで入出金がここまでお得なのは東京スター銀行くらい。

一応東京スター銀行専用のATMもありますが、都内メインですしあまり数が多くありません。

でもコンビニとかを使えば同じことなので問題ないです。

だから地方で使っている人も多くいます。

◯メリット2:振込手数料が3回無料

ネットバンキングを使った振込であれば、他行宛の振込が毎月3回まで無料になります。

他の銀行には条件が厳しくて手数料無料のところはありますが、スター銀行の場合はかなり条件がゆるく以下を満たせばOKです。

  • (1)東京スターダイレクト(インターネットバンキング)にご登録いただいているお客さま
  • (2)「スターワン口座取引明細書」の郵送設定を「郵送しない」としていただいているお客さま

【注意点】手数料はお取引時にいったん引き落とした後、翌月の第一銀行営業日に同額をスターワン円普通預金にキャッシュバックされます。

手数料などの詳細はこちら

◯メリット3:家族カードが作れる

同居家族に関して、代理人カードという形で追加でもう1枚キャッシュカードが作れます。

ふたりで財布を共通化したいときにはかなり便利です。

ネットバンクだと作れないところが多いですからね。

東京スター銀行は都市銀行とネットバンクの中間くらいの位置づけになります。

◯メリット4:金利0.1%

給与振込口座に指定すると、金利が年0.10%になります。

普通の銀行だとその10分の1くらいなので、地味にすごいです。

給与に設定しないと0.01%になります。

✕デメリット:デザインが少し古い感じ

ちょっと盤面が今どきではないです。

でも銀行口座で重要なのは手数料とかの中身だと思うので目をつむっています。

無料なのでとりあえず作っておいて損のない銀行です。

※ちなみにここに限らず、もし銀行が潰れても最低1,000万円までは保障されるのでご安心ください。

1位タイ:住信SBIネット銀行

という感じで概要をつぶやいちゃいましたが、もう少し詳しく説明しますね。

◯メリット1:手数料が一番お得にしやすい

標準でも各種ATMの振込手数料が1回、出金手数料が2回無料です。

条件に到達すれば、最大でそれぞれ15回まで手数料が無料になります。

ちなみに口座残高が30万円以上になるだけでランク2になれますよ。

他の銀行は100万円以上が条件だったりするので、かなり緩めです。

また無料枠を使い切った場合でも、振込手数料が108円と爆安。

◯メリット2:定期自動入金サービスがある

住信SBIネット銀行には「定額自動入金サービス」が使えます。

これは他社の銀行から住信SBIネット銀行に対して、お金を自動で移動してくれます。

例えば、夫のメイン口座から共通口座に毎月決まった金額を振り替えたいときにものすごく使えます。

1回設定しておけば、後は自動でできますので手間もかかりません。しかも手数料が無料です。

✕デメリット:盤面がださい

デビットカード兼キャッシュカードだと、リアルカードがあります。

好みの問題かもしれませんが、見た目が少しダサいですwすみませんw

ちなみに無料のSBI証券口座も一緒に口座開設しておくと、銀行の手数料が優遇されやすくオススメです。銀行の開設と一緒にできます。

2位:楽天銀行

◯メリット1:最大で出金手数料が7回、振込手数料が3回無料

条件にもよりますけど、口座への入金金額や取引回数によって手数料が優遇されます。

追記)最近条件が改悪され手数料の無料条件がかなり厳しくなりました

◯メリット2:楽天スーパーポイントが貯まる・使える

振込や入金をすることで楽天のポイントが溜まっていきます。

また手数料にも楽天ポイントが使えるのもメリットです。

◯メリット3:マネーブリッジで金利・手数料優遇

通常は定期預金の金利が0.02%ですが、マネーブリッジをすると5倍の0.1%に格上げされます。

楽天証券口座の連携が条件ですが、無料ですし銀行とセットで開設できるので簡単です。

割と多くの人がやってます。

✕デメリット:メールが多い

楽天のサービスあるあるなんですけど、不要なメールが多いです。

設定を変えたら減りましたけど。

3位:新生銀行

◯メリット1:条件次第で手数料がお得

無条件で他行への振込が月1回無料。

また新生ゴールドという会員クラスになると振込手数料が5回まで無料、ATM出金手数料が24時間365日何度でも無料になります。

新生ゴールドになるためには、円普通預金を100万円以上でなれます。

◯メリット2:キャッシュカードを32色から選べる

※コレは一部です

カードが沢山のカラーから自分好みのものを選べます。

見た目もシンプルでおしゃれです。

✕デメリット:条件クリアをしないとATM手数料がかかる

通常(新生スタンダード)はATM手数料が100円かかってしまうのが、手痛いです。

以前は無条件でコンビニなどのATM手数料が無料だったのですが、改悪しました。

新生ゴールドになれば、手数料でかなりメリットがありますけど預金100万円というのは、正直条件が厳しいです。

番外編:三菱UFJ銀行

私はメガバンクの銀行口座をすべて開設しています。

その中でも一番オススメなのが、王者「三菱UFJ銀行」です。

◯メリット1:店舗が多い

全国にATMが約8千台あります。支店の数も非常に多いです。

ただ地方だとあまり多くはないところもあるので、メリットは薄れます。

◯メリット2:メガバンクの中ではATM入出金手数料がお得

UFJ銀行のATMだと、平日土日問わず8:45~21:00は入出金の手数料が無料です。

またホワイトステージになるとそれ以外の時間も無料。

ホワイトステージの条件は、以下のいずれか1つでOKなのでかなりゆるいです。

  • WEB通帳への切り替え
  • 預金残高10万円以上
  • MUFGカードを利用
◯メリット3:メガバンクの中では振込手数料がお得

UFJ銀行に限らず、いずれのメガバンクもパソコン・スマホなどから振り込める「ネットバンキング口座」を無料で作成が可能です。

私は振り込むとき、手数料がお得&手間がかからないのでネットバンクをいつも使っています。

【ネットバンキングで支払った場合の手数料比較】

銀行名自行宛て他行宛て
3万円未満3万円以上3万円未満3万円以上
三菱UFJ銀行0円0円216円324円
三井住友銀行108円108円216円432円
みずほ銀行108円216円216円432円

※2019年6月15日時点

見ていただいくと三菱UFJ銀行が一番オトクです。

補足
  • 自行:振込元と振込先が同じ銀行
  • 他行:振込元と振込先が違う銀行
なぜなら、自行あてに振り込むのに「みずほ銀行」や「三井住友銀行」は有料、UFJは無料です。

しかも利用者が一番多いのが三菱UFJ銀行となると、送金対象になる可能性が一番高くなります。

すると同行宛ということで、手数料が無料になる可能性も必然的に多くなります。

◯メリット3:店舗の対応が良く、店内が居心地も良い

メガバンク3行とも様々な支店に行ってわかったのが、三菱UFJのスタッフの対応は一番しっかりしているということです。

また店内もキレイで居心地が良い。さすがNO.1の銀行といったところでしょう。

◯メリット4:電話対応が良い

店舗ほど差はありませんが、電話の対応も神です。

割とすぐ繋がりますし、いつもすごく丁寧な対応をしてくます。

もしメガバンの口座で迷ってるなら、UFJ銀行一択かなと思います。

✕デメリット1:条件クリアをしないと振込手数料がかかる

他銀行への振込手数料を無料にするためには、下記のようなかなり厳しい条件をクリアする必要があります。

  • 預金残高が500万円以上
  • 借入残高500万円以上(要は借金)
  • 住宅ローンの利用
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの利用代金引き落とし
※2019年6月15日時点

✕デメリット2:コンビニ手数料の無料条件が厳しい

コンビニのATMの入出金手数料を無料にするには、ステージのレベルアップが必要になります。無料回数も多くありません。

他行への振込手数料・コンビニ手数料という観点では、「住信SBIネット銀行」や「楽天銀行」のほうが断然有利です。

夫婦の家計管理について、詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

共通口座にオススメしない銀行口座【新婚夫婦へ】

あまり書くと申し訳ないので2社だけにしておきます。

みずほ銀行

◯メリット:名前とカードがかっこいい

みずほって名前かっこいいですよね(必死感w)

あとカードのブルーな感じが好きです。

✕デメリット1:店舗の対応が微妙

店舗が狭いし、居心地微妙だし、銀行員さんの対応も他のメガバンクよりいいなと思ったことが一度もないです。

✕デメリット2:ATMがよく止まる

ATMは一番良く止まってます。

✕デメリット3:入金が遅い

振込の入金も出金も、他の銀行に比べると遅いなと体感で感じます。

実際に遅いという意見もちらほら。

ゆうちょ

◯メリット:親近感がある

なんか落ち着くというか、親しみやすいというかそんな感じありません?

✕デメリット1:ATM少ないからいつも行列

いつも並んでます。時間の無駄です。

しかも高齢者ユーザーが多いから、1人1人やたら時間掛かる人が多い。

✕デメリット2:ATM少ないからいつも行列

記号とか番号が他の銀行と使い方が違うから、他行から振りこんでもらうときにやりづらいんですよね。

✕デメリット2:ATMの営業時間短い

利用できる時間が割と限られてます。

土日の夜とかもっと頑張って欲しいです。

まとめ:新婚夫婦の共通口座におすすめの銀行口座は住信SBIネット銀行

嫁ちゃん

新婚夫婦の共通口座におすすめの銀行口座をお伝えしてきました。
気になる銀行口座は見つかりましたか?

けいすけ

まとめると

ネット系バンクなら

メガバンクなら
がおすすめです。

他にも新婚生活や結婚式の準備で役立つ記事を書いています。