賃貸サイトアプリのCANARYを使ってみた感想【仲介手数料激安】

賃貸サイトアプリのCANARYを使ってみた感想【仲介手数料激安】

最近引っ越しを考えはじめまして、マンションの賃貸物件を探せるアプリを色々試してみました。

家探しで失敗するのはかなりしんどいですからいろいろ調査が必要だと考える派のワタシ。

色々調べて使いはじめてたCanary(カナリー)というアプリがけっこう使いやすくて仲介手数料とかもお得だったので、ぶっちゃけてレビューします。

良いところだけでなく、イマイチだなあと思ったところも実際に使ってわかったことを書きます。

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

BluAge無料posted withアプリーチ

CANARYを使ってみた感想

このアプリの呼び方はカナリーと読むらしい。

結論からいうと、かなり良かったです。

先にサービスの概要だけ簡単にお伝えしておきます。

CANARYの特徴
  • アプリで検索して賃貸物件を探せる
  • 内見や問い合わせをそのままCANARYにしてもらえる
  • 契約もできる

使用した感想としては、正直SUUMOとかより遥かにいいなと思いました。

おすすめな理由はいくつかあって以下の5つ

CANARYをおすすめする理由
  • すべてチャットorメールで完結
  • 対応が普通にいい
  • 仲介手数料が安い
  • 現地集合・現地解散
  • おとり物件がほぼない
順番に詳細をお伝えします。

1.すべてチャットorメールで完結

わたしは電話とかこわくて苦手な人なので、なるべくテキストで済ませたいタイプです。

通話料とかかかるのが面倒だし、折返しとかに出るのも面倒ですからね。

CANARYだとチャットかメールだけでやりとりします。

一応電話も用意されていますが、わたしは一度も使いませんでした。

チャットはLINEでします。私はこればっかり使ってましたけど、かなりラクでした。

空いているときにパッパと返すだけ。

口では言いづらいことも伝えられるし。

記録にも残りるしいいことづくめ。

2.対応が普通にいい

人によって対応の差はあるかもしれませんが、私のあたった方は丁寧でした。

無駄な営業とかは一切なし。

聞いたことも正直に答えてくれます。

物件のいいところだけでなく、悪いところもきちんと伝えてくれるので安心できました。

たまにいいことしか言わない不動産営業マンがいるんですけど、逆に怖いんですよ。

賃貸といえども一度住み始めて、もしなにかトラブルがあっても早々に引っ越しはできません。

だからカナリーのようにしっかり悪いところも伝えてくれたほうが安心できます。

あと質問をチャットで送ったときの返信も早い。

ただしこの辺は担当者によって大きく変わるはずなので注意。

ちなみに担当者切り替えは簡単にできます。私は一度も変更しませんでしたが。

3.仲介手数料が安い

なんだかんだ費用ですよね。

どの仲介業者を通しても紹介できる物件は95%くらい同じなので、結局いちばん重要なのはコスト。

基本的に仲介業者に払うのは仲介手数料になるので、これが安いほうがいい。

一般的には家賃の1ヶ月分支払うのが普通です。

CANARYだと半分またはそれ以上安くすることができます。相談すれば無料もいけます(物件など条件にもよる)

最低金額を保証しているので万が一他社の方が安い場合は、合わせてくれます。

事務所とかのコストが掛からない分、お客さんに還元出来るという仕組みなのがお得な理由です

交渉の方法は候補の物件が見つかって申し込む前の現地で内見したときに相談。またはチャットで伝えればいいだけ。

(申込みのあとに相談してもいいとは言われたけど、なるべく前がおすすめ)

ただし他社独占物件が5%くらいの確率であり、その場合は仲介手数料は100%になるので注意しましょう。

MEMO
他にいいなと思ったのが、仮申込でお金がかからないことですね。本当はルール上取ってはいけないんですけど、多くの不動産屋では手付金としてとってきます。CANARYは最初から取る気がないので、交渉とかも不要で明快料金です。

4.現地集合・現地解散

CANARYは原則全て現地集合・現地解散です。

内見前にチャットで住所を教えてもらえるので、そこに当日向かうと担当の人が待っているのでそのまま見学できます。

時間かなり効率化されますし、実際と同じ流れで物件に向かうことが出来るので周囲の環境や徒歩感覚を知ることができました。

あと一緒にいる気まずさもない点も個人的にはありがたかったなあ。

一般的なサイトだと

「サイト→不動産業者に連絡→不動産店舗でヒアリング→内見→不動産店舗に戻ってきて提案」って流れになります。

これだと半日とか一日潰れてしまうのでしんどいですからね。

今どきネットに載っていない物件なんて99%ないです。

仮にあってもそのへんの不動産業者がその物件も持っていることも、紹介してくれる確率も極めて低いですから店舗に行くメリットはかなり減っていると思います。

5.おとり物件がほぼない

CANARYはおとり物件や募集を終了した物件を極力排除しています。

業者が見る用のレインズっていうサイトから直接データを持ってきているからです。

反対に私たちが見るようなサイトは広告費によって表示のされ方が変わるので、ごちゃっとするんです。

いわゆる一般的なSUUMOとかホームズとかはおとり物件がけっこうあります。前よりは減ったけどね。

せっかくいいなと思った物件でも実際に存在しなかったら無意味です。

調べた時間とか、「この物件めっちゃいい!」って高揚した気持ちとかが無駄になります。

おとりって知ったときに萎えます。

CANARYは他のサイトに比べると掲載されている物件が一見少ないように見えますが、おとりを排除しているためです。

ほかにも重複物件を削除しているっぽく無駄な情報なくかなり見やすいです。

一般的なサイトをみると「この物件一見違うふうに載せてあるけど、あれと一緒やん」ことがありますが、カナリーだとほぼなかったですね。

あと地味に嬉しいのが物件名がほぼ必ず表示されること。

そうすると建物の場所や重複した物件に関してもわかります。

建物名がわかればマンションノートとかで口コミを見ることもできて助かりました。

気になったCANARYのマイナスポイント

反対にここはいまいちと思った評判も正直に書いていきます。

この世にメリットだけのサービスなんてあるはずがないので正直に書きます。

ズバリ以下の4つです。

  • 東京・神奈川・千葉・埼玉の一部地域のみ対応
  • 返信は若干遅い。
  • 現地の情報にあまり詳しくない
  • 内見は早めに予約しないと枠が時間が確保できないことがあった

東京・神奈川・千葉・埼玉の一部地域のみ対応

エリアがかなり限られています。

くわしくは公式サイトで最新情報をみてほしいんですが、基本的に首都圏だけです。

どんどんエリアは広げているようですが、対象外の地域は使えません。

私が探している場所は運良く対応していたので助かりました。

調べてみて対象地域の方はラッキーですね。

返信が若干遅いときがある

担当者によりますけど、返信が遅いと感じるときがありました。

特に物件の交渉や込み入った情報について確認するときとかは1日や2日かかることも。

マンションの管理会社の返信スピードもあるので仕方ないってこともあるとは思いますが。

ただ一般的な問い合わせについては遅くても半日くらいでは返ってきてたので、そこまで困ったりはしなかったですね。

内見は早めに予約しないと枠が時間が確保できないことがあった

一番対応に時間がかかるのが初回の担当者がつくまでの時間でした。

最初に物件を内見もしくは空室の問い合わせの画面から始めるんですけど、その後担当がついて返信が来るまでがけっこうかかりました。

とくに内見の予約確定は依頼から3日くらいかかりましたね。

こんな感じの画面のままでした。

繁忙期に重なったことが原因の1つかもしれませんが。

エリアとか時期にもよると思います。

くわしくは後ほどの流れのところでも解説します。

※ただし一度担当者が決まればその人にメールやLINEができるので、返信はすぐ来るようになります

現地の情報にあまり詳しくない

街の不動産やとは違うので、正直駅周辺の雰囲気とか事情を聞いても一般的な答えしか返ってきません。

内見する物件に関しても私たち同様に初見の担当者が多いので、その点はデメリットですね。

エージェント(担当者)の対応エリアが限定されているわけではないので仕方のないことですが。

もちろん物件の情報自体に関しては、事前に管理会社を通じて仕入れてくれているのでその点は心配ないです。

また追加で聞きたいことがある場合も、質問すれば聞いてくれるので私はそこまでは気にならなかったですね。

使い方の流れ

使い方はシンプルで簡単ですけど、最初は戸惑うかも知れないので実際の流れをお伝えします。

  • カナリーで気になる物件を探す。
  • 問い合わせor内見希望をする
  • 担当者がつく
  • 日時を確定させる
  • 現地に行く
  • 気になったら申し込み
  • 審査
  • 契約
  • 引っ越し・入居
くわしく書いていきます。

1.CANARYで気になる物件を探す。

希望条件を絞り、CANARYのアプリ上で気になる物件を探します。

アプリはかなり使いやすいです。

2.問い合わせor内見希望をする

3.担当者がつく

4.日時を確定させる

5.現地に行く

教えてもらった住所に約束の時間に向かいます。

GoogleMapを使いましょう。

6.気になったら申し込み

申し込みは内見当日または家にいながらできます。

内見の時は紙に記入、家にいるときは申込書類を送ってもらいそれを印刷して記入。

書いたものをスマホで取って返信すれば完了です。

※家賃交渉などは申し込みの前にしましょう

7.審査

管理会社による審査が入ります。ここからは一般的な借り方と同じです。

8.契約

管理会社に行き、契約書を交わします。このときに鍵も受け取ります。

家賃もこの日から発生することが一般的。

9.引っ越し・入居

各自で引っ越し手配をし、入居します。

まとめ

CANARYの評判をお伝えしてきました。

今回の記事をまとめるとこんな感じ。

  • ①使えるエリアであればかなり便利で仲介手数料も安い
  • ②おとり物件もなく現地集合・現地解散
  • ③初回の内見は手配に少し時間がかかるので余裕を持って予約したほうがいい

CANARYはAppStoreのレビュー欄でもかなり良い口コミが多いです。

以下のアプリ画面から見れます。

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

賃貸売買の部屋探しはカナリー(Canary)

BluAge無料posted withアプリーチ

もちろん利用料は無料。
このブログでは、それ以外に新婚生活や結婚式の準備で役立つ記事を書いています。

素敵な夫婦生活になることを祈ってます!

他にも結婚や新婚生活に役立つ情報をお届けしてますよー!

そーグッド!!