結婚式のお車代の金額、いくら渡すべきか

結婚式ではお車代をゲストに渡す必要があります。その際にいくら出すかはよく出る悩みですし、私も悩みました。本記事ではその結論を出そうと思います。

結婚式のお車代はいくら出すべきか

交通費の半分もしくは全額がベストです。どこまで出すかは予算の都合もありますが、最低でも半分は出したほうがよいです。

結婚式のお車代を誰に支払うのか

支払う相手は多岐にわたります。しかも交通費がかかっていなくとも、「お車代」という形で渡すケースが多々ありますので説明してきます。

主賓・祝辞担当

主賓に対しても、交通費が発生していない場合でも感謝の気持ちで「お車代」と称して渡すことが必須となっています。これを渡さないとかなり無礼になるのでご注意ください。

実際主賓の方は他のゲストより多めにご祝儀を包んでくれますので、安心してお車代を出してください。一般的には1万円〜3万円前後が多いです。

本当に遠方で交通費がかかってしまった場合は、多めに出すとよいでしょう。

乾杯を依頼した人

乾杯をしてくれたゲストにもお車代というていで渡します。主賓と同じかそれより少ない金額を渡しましょう。一般的に1万円前後が多いです。

主賓と同様で本当に遠方で交通費がかかってしまった場合は、多めに出すとよいでしょう。

遠方のゲスト

実際にかかった交通費の半分もしくは全額出しましょう。全額払いがベストです。もしどうしても半額さえ厳しい場合は5,000円という選択肢もなくはないです。

ただここでけちってしまうと新郎新婦へのイメージはかなり下がります。もし自分が参加者として招待された時に全額負担いただいた場合は、お返しとして全額負担をしましょう。

お車代を渡す等方法以外にも代わりにチケットを手配するという方法がありますが、私はあまりお勧めしません。ゲストは好きな時間を事前に決められないですし、新郎新婦もチケット取得の手間がかかります。

また万が一ゲストが出席できない場合はそのチケット代金が無駄になってしまいます。

受付担当

結婚式では受付担当を設ける必要があります。基本的に新郎側に2人、新婦側に2人という構成になっており、その受付をこなしてくれた人に渡すのが礼儀です。3,000円~5,000円が相場です。

受付は仲のいい友人にお願いすることが多いかと思うので、重要です。仲がいいからと甘えて何も渡さないは厳禁です。5,000円もあれば失敗しないでしょう。

お車代を私たちはどうしたか

主賓祝辞担当、乾杯に2万円ずつ。また私は引き出物にカタログギフトを入れたのですが、主賓・乾杯の方には他の人より高めのカタログギフトを入れておきました。

遠方のゲストには交通費を全額渡しました。これはけっこうな出費になりました。

しかし遠方のゲストたちからしたらせっかくの休みの日に(もしくはわざわざ休みを取った日に)参加して、かつご祝儀を3万円も支払い、さらに交通費で往復1万5千円も負担してきたのに、お車代が少ないと残念に思う可能性はありますね。

なにより私がゲスト目線で考えた時に全額出してくれたらすごく嬉しいと考えたので全額出しました。

ただどれだけ遠方の方が多いかにもよるかと思います。地方からくる人があまりにも多い場合は交通費だけでとんでもない金額になりかねませんので、夫婦間でよく話し合って決めたほうがいいと思います。

ちなみに私の友人は半額程度出してくれる人がほとんどでした。

結婚式お車代に関するアンケート

たいていどこのサイトでもお車代に関するアンケートでは、遠方のゲストには半額払う人と、全額払うケースが半々の結果になっています。

特に主賓や上司などについては全額出すことが多いようです。

ちなみに10人遠方の人を呼んで全員にお車代を出そうとすると、平均で30万円ほどかかるケースが多いようです。

まとめ←結婚式のお車代の金額、いくら渡すべきか

お車代は大きな出費だけど、きちんと払うべきです。あまりけちってしまうと今後の関係性にも影響を及ぼし、お金以上の損失を生みます。。