ワタベウエディングのフォト・前撮りとは?メリデメや口コミまとめ

ワタベウエディングのフォト・前撮りとは?メリデメや口コミまとめ

ワタベウエディングのフォト・前撮りってどうなの?口コミとかも知りたいな

という方向けです。

西野けいすけ(@keisuke_nishino)とその嫁が、ワタベウエディングのフォト・前撮りとは?メリデメや口コミまとめをお伝えします。

ワタベウエディングのフォト・前撮りとは?

ワタベウェディングってどんな会社なの?

ワタベウエディングは挙式を手配する大手会社で、歴史があります。

国内、海外リゾートに強く、フォトウェディング・前撮り専用のプランもあるんです。

具体的には以下。

  • 国内ロケーションフォト
  • 海外ロケーションフォト
  • スタジオフォト
  • チャペルフォト
  • アニバーサリーフォト

国内ロケーションフォト

国内リゾート施設や歴史的建造物、または庭で撮ることが多いです。

扱っている主な場所は

  • 沖縄
  • 軽井沢
  • 京都
  • 北海道
です。

海外ロケーションフォト

新婚旅行ついでに海外のブライダルフォトや前撮りも人気です。

取り扱いのある主なエリアは

  • ハワイ
  • グアム
  • パラオ
  • サイパン
  • バリ
  • ベトナム
  • タヒチ
  • オーストラリア
  • アメリカ
  • ヨーロッパ
です

こういうリゾートで撮るのも開放感があっていいなあ

スタジオフォト

スタジオフォトは気軽に取れて人気。

フォト婚はもちろん、前撮りに利用する人が多いです。

家の近くで気軽に取れるのも便利。天候も気にする必要がありません

けいすけ

スタジオは定番で多くの人が利用しているよ

チャペルフォト

フォトウェディングの方にぴったり。

ウェディングドレスでバージンロードを歩いたりと、結婚式の代わりとして記念写真が取れます。

アニバーサリーフォト

子連れのママや妊娠中の方におすすめです。型にこだわらず自由に撮ることができます。

撮影は基本スタジオの中で撮るようです。

スタイルから探す方法もあります
  • 庭園・公園で撮る
  • ビーチで撮る
  • 歴史的建造物で撮る
  • 観光地で撮る
  • ペットと撮る

ワタベウエディングの費用感

金額がすごい気になるところだなー

ワタベウエディングの費用目安を、平日と土日祝を分けてお伝えします。いずれも税抜きです。

【▼平日料金】

種類費用
(基本プラン)
費用
(高めのプラン)
国内リゾート18,800円〜19,800円〜
海外リゾート98,000円138,000円
スタジオ8,800円80,000円
チャペル29,800円〜78,800円〜
アニバーサリー12,000円〜22,000円〜

※海外リゾートはハワイで試算

【▼土日料金】

種類費用
(基本プラン)
費用
(高めのプラン)
国内リゾート38,800円〜39,800円〜
海外リゾート98,000円138,000円
スタジオ18,800円90,000円
チャペル59,800円〜88,800円〜
アニバーサリー12,000円〜42,000円〜

※海外リゾートはハワイで試算
※撮影場所やオプションによって金額が大きく変わってきます。

土日と平日でだいぶ違うね〜!

【注意】ワタベウエディングのプラン費用に含まれるもの

費用に含まれているものと、そうでないものがあります。(これはワタベウェディング以外も同じです)

含まれているもの含まれていないものプランで異なるもの
衣装代・小物一式
着付け
写真撮影
アテンドスタッフ
交通費
宿泊費
食事代
撮影データ
アルバム
ヘアメイク
ブーケブートニア

※プランにより若干異なります

安いプランにはなく、高いプランについているものが以下の通りです。

  • 撮影データ
  • アルバム
  • ヘアメイク
  • ブーケ・ブートニア
また注意としては、交通費・宿泊費はどのプランにも含まれていないということ。特にリゾートのフォトウェディング・前撮りの場合は、それらが大きな出費となってきます。

ワタベウェディングはドレス・和装が選べる

前撮りの目的って衣裳が着れるとこだよね

ドレスは好きなものから選ぶことが可能。プランによっては2着選び、衣裳替えができます。

フォトウェディングの場合はウェディングドレスが人気で、前撮りの場合は和装を選ぶ人が多いです。

ワタベウエディングのデメリット

料金が高め

手配会社として大手のため料金はやや高めです。

持ち込み料金がかかる

ワタベウエディングか提携のドレス以外を持ち込む場合、数万円程度の持ち込み料金が発生します。色々持ち込んで節約した方にはデメリットでしょう。

ワタベウエディングのメリット

大手の実績、歴史がある

創業して40年以上の実績があります。今までやってきた数が違うので安心感が違いますね。

サロン数が多い

日本でも30箇所近くの無料サロンがあり、気軽に相談できます。

日本・海外リゾート地とのパイプにも強みがありますよ。ワタベウエディングでしか扱っていない会場も多いです。

ドレスが充実

元々はドレスの会社として始まったので、一流です。

選択肢も多いですよ。また日本で試着して、同じ物を現地でレンタルするということも可能。

飛行機も一括して手配が可能

海外で挙式をする際、一般的には

  • 式場の手配はウェディング業者
  • 飛行機・現地の旅行オプション手配は旅行会社
といったことが発生しますが、ワタベウエディングはまとめてやってくれますので楽チンです。

何かトラブルが起こったときもまとめて対応してくれます。

ワタベウエディングの口コミ・評判

ネット上の口コミや評判を色々集めてみました。

その他(ワタベ以外)のリゾート挙式会社もありましたが,現地での対応にも不安があったので,やめておきました。
出典:メモ超さんhttps://shin.4-u.jp/text/watabe/

→ワタベという大手の安心感が決め手になったようです

事前に、国内のワタベウエディングに行き、そこでもオプションをつけましたが、現地(式前日)になって、現地でもさらにオプションの相談をされ、その場で決断を迫られました。どんなオプションがあるのか、その料金はどのくらいかかるのか、は事前に教えてくれればいいのに・・・と思ったことは事実です。
出典:知恵袋https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10100749050

→これはレアケースかと思いますが、事前に全て話して欲しいですよね。ちなみにワタベウエディングに限ったことではなく、他の手配会社にも同様のことはあるそうです。

東京のワタベウエディング自体は非常にきめ細かい対応で満足でしたがアメリカの現地ワタベウエディングは、少々段取りミスがあった
出典:海外挙式 主にハワイの現地P会社の口コミ集http://chappypeach.minibird.jp

→海外の場合、現地ではまだ別のスタッフが対応するのが普通のなのでトラブルになりやすいですよね。

サービスも充実しており、海外にもオフィスを構えているので、現地で何か問題が発生しても対応が可能となります。
スタッフは全員日本人です。(※もしかしたら外国人もいるかもしれませんが、対応してくれるスタッフは間違いなく日本人です)
出典:マツコ・ミニマムのマツコラムhttps://matsuko-minimum.info/watabekannsou/

→やはり安心感はありますね

実は、内金をお渡ししたのにも関わらず、ワタベウエディングドレスをキャンセルしました。「内金返金されるかな」と不安でしたが、キャンセル連絡を入れてから3日後位ですぐに返金していただきました。
出典;http://tabi-jyoshi.site/

→アフター対応も重要です。

ワタベウエディングのフォト・前撮りとは?メリデメや口コミまとめ

ワタベウエディングは高めだけど、サポートや安心感を重視する方におすすめです。

費用が安い方が良いという方は、以下のサイトで探してみましょう。費用面だと、特にハナユメがおすすめです。