ハナユメのデメリット全まとめ!

ハナユメのデメリット全まとめ!

ハナユメのデメリットってなにがあるの?あとで後悔したくないから全て知っておきたいな

という方向けです。

本記事では、西野けいすけ(@keisuke_nishino)とその嫁が、ハナユメのデメリットを全て正直にお伝えします。

ハナユメのデメリット全まとめ!

先に結論から言ってしまうと、ハナユメのデメリットは以下の通りです。

  • 1.結婚式場が少ない
  • 2.エリアが狭い
  • 3.半年以内でないと割引されない
  • 4.国内・海外リゾート婚の取扱いが少ない
  • 5.希望の日取りが選びづらい
  • 6.相談カウンター数が少ない
  • 7.キャッシュバック手続きが少し面倒
どういうことか、もう少し丁寧に説明してきます。

ハナユメのデメリット1:結婚式場が少ない

結婚式場の取扱数が、ゼクシィマイナビウエディングと比べて少ないです。

サイト取扱数
ゼクシィ2,500
マイナビウエディング1,300
ハナユメ600

だから私はこれら全て併用して使っていました。

手順としては以下のようにするのがおすすめです。

そうすることで結婚式場の取りこぼしも、キャッシュバックの取りこぼしもありません。

各サイトのキャンペーンは以下で比較できます。

ハナユメのデメリット2:エリアが狭い

ハナユメ経由で結婚式場見学やブライダルフェアを予約できるエリアは限られています。

  • 関東
  • 東海
  • 関西
  • 九州
このエリアの比較的都市部の会場に集中。地域によっては全く取り扱っている結婚式場がない場所もあります。

年々拡大している状況ですが。

私は東京で結婚式場を探していたから問題なかったけど、北海道や東北、中国地方、四国、沖縄エリアの人は困りますね。

けいすけ

ハナユメのデメリット3:半年以内でないと割引されない

これは結構他のサイトでも紹介されているやつですね。

けいすけ

ハナユメでは、結婚式の費用が約100万円ほど安くなる「ハナユメ割」をやっています。ただし特典を受けるには、申し込み時点から半年以内に結婚式をあげることが条件。

急ぎで結婚式場を探しているカップルにはメリットですが、早めに予約しておきたいという新郎新婦はキャンペーンが適用されません。

とはいえ、もちろん半年以上先の予約も可能です。その場合ゼクシィやマイナビウエディングなどと同じ条件で申し込むことになりますので、損というわけではありません。

最大で5万円以上のギフト券をもらえるキャンペーンをもらう目的で、ハナユメを使う方も多いです。見学してアンケートに答えるだけですから簡単ですよ。

ハナユメのデメリット4:国内・海外リゾートの取扱いが少ない

もし沖縄やハワイなどでリゾート婚をしたい方は、ゼクシィのほうが何倍も取扱数が多いのでハナユメは向いていません。

もしくはリゾート婚を専門にやっている「リゾ婚オンラインカウンター」や「アールイズ・ウエディング」というサービスもあります。

私はリゾート婚は考えていなかったから影響はなかったな

ハナユメのデメリット5:希望の日取りが選びづらい

ハナユメ割を適用する場合、選べる日取りや時間帯が普通に予約する場合より少なくなります。

例えば「大安の土曜日」といった放っておいても予約が入る日程で、結婚式場の人はわざわざ費用を安くしようなんて思わないことが普通ですよね。そう言った日はハナユメ割が適用できる日取りとして、候補を提供しないわけです。

でもある程度タイミングや運もあるので、一度相談してみるのがよいでしょうね。

最近は少子化の影響で以下のような結婚式場もあるでしょう。

式場関係者「半年以内だけど、この日何も予定入ってないやばい!」→「ハナユメ割で安くしてなんとか埋めよう!」という流れです。

ハナユメのデメリット6:相談カウンター数が少ない

ハナユメには結婚式のことをなんでも相談できる「ハナユメウエディングデスク」という無料相談カウンターがあります。

ゼクシィにも「ゼクシィ相談カウンター」という同様のサービスがありますが、ハナユメは数が少ないです。逆にいうとゼクシィが多すぎな気もしますが。。

サイト名
ゼクシィ65
ハナユメ12

まあそもそも使わないという人には関係ないでしょう。

普通に結婚式場から見積もりをもらうよりも安く交渉してくれたりするので、気になった方は一度相談してみるのもありでしょう。全て無料ですし。

式場でもらった見積もりの相談や、安くするノウハウの共有、新郎新婦の要望に沿った会場の提案などをしてくれます。

カウンターの所在地は以下の通り

  • 関東の結婚式場 ( 東京都 千葉県 神奈川県 埼玉県 茨城県 栃木県 群馬県 )
  • 東海の結婚式場 ( 愛知県 岐阜県 三重県 静岡県 )
  • 関西の結婚式場 ( 大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 )
  • 九州の結婚式場 ( 福岡県 佐賀県 長崎県 )
店舗の詳細については、【公式】ハナユメ無料相談デスクもご覧ください。

ハナユメのデメリット7:キャッシュバック手続きが少し面倒

ちゃんと条件通りに申し込まないと、貰いそびれが発生するから気をつけてね。

けいすけ

ハナユメでは時期にもよりますが、だいたい最大55,000円くらいの電子マネープレゼントをやっています。

ただし受け取るためには以下を全て満たす必要があります。

  • ハナユメのキャンペーンにエントリー
  • ハナユメ経由で見学予約
  • 見学に参加
  • 後日ハナユメのアンケートに回答
とはいえ、ちゃんとこの辺りをこなせれば問題なく受け取ることができますよ。

詳しくは以下で詳細を書きました。キャンペーンをちゃんと受け取りたい方は必読です。

ハナユメその他デメリット

他に注意しておくべきことはないの?

希望の日取りや時間帯がカウンター相談時点では空いていても、式場見学時点では埋まってしまっていることがあります。

ハナユメ割の利用方法

特別何かに申し込みをする必要はありません。

ハナユメ公式サイトから式場予約をすれば自動的にハナユメ割が適用されます。

ハナユメに関するよくある質問

Q.ハナユメ割とキャッシュバックキャンペーンは併用できるの?

→できます!安心してください。

ハナユメのデメリット全まとめ!のまとめ

ハナユメのデメリットをいくつか挙げてみました。

これらが気にならないのであれば、ハナユメ経由で予約すれば良いし、そうでなければ他の結婚式場探しサイトを使うと良いでしょう。

その他のサイトについては以下で詳しく書いています。

ツイッター(@keisuke_nishino)でも、結婚準備に役立つ情報をつぶやいています。
そ〜グッド!