婚約指輪のお返しをいらないと言われたらすべき事【男目線で語る】

婚約指輪のお返しをいらないと言う人が多いみたいなんだけど、どうすべきなの?
そう言われると困るよね〜!男性目線で答えていくよ〜!。

けいすけ

こんにちは!本記事では、西野けいすけ(@keisuke_nishino)とその嫁が、婚約指輪のお返しをいらないと言われた時の対策を徹底解説します!

婚約指輪のお返しをいらないと言われたらすべき事【男性目線で語る】

まずお返しを本当にいらないのかを考えるべきです!

婚約指輪のお返しをいらないという男性の心理は、だいたい以下の2パターン。

  • 1.お返しはほしいけど、カッコつけていらないと言っているだけ
  • 2.お返しで欲しいものが思いつかない

パターン1のように本当は欲しくても遠慮しているだけのことが多いです。

男性は誇り高き生き物です。プライドがあります。

そうまさに誇り高き戦闘民族ベジータのようにね(余計な発言w)

また2のように単純に思いつかないだけのときもよくあります。

 

婚約指輪のお返しはいらないと言われても実際にあげれば喜ぶ

先ほど挙げた男性たちも実際にものをあげれば、喜びます。

大好きな彼女or妻からもらったものは嬉しいものです。ちなみに私は嫁が大好きです、グッッド!(余計な発言w)

だからもしあなたが婚約指輪をもらったのであれば、何か婚約記念品をプレゼントしてあげるのをおすすめします。

 

婚約指輪のお返しをあげている人の割合

ちなみにお返しをしている人はどれくらいいるのでしょうか。

ゼクシィトレンド2018によると、お返しをしたと答えた女性は49%。約半分の人がお返しをしています。

金額はだいたい10~20万円くらいが相場です。もらったものの半返しくらいの感覚でよいでしょう。

お返しの金額については以下に詳しく書いています。

 

婚約指輪のお返しをいらないと言う人へ渡す婚約記念品とは

一般的には時計、スーツ、財布が人気TOPです。

ただし「いらない」と答えた彼にそのままあげるのも個人的には微妙かなと思っています。

それでは何をどうやってあげるべきなの?
3つおすすめがあるから、詳しく説明するね。

けいすけ

①一緒に買い物に行って買ってあげる

特に何が欲しいかわからないと言う彼に有効です。

百貨店などに一緒に行き、欲しいものがないか一緒に考えてあげましょう。

もしあれば買ってあげればお返し完了です。間違いなく相手がほしいものをあげられるので失敗が少なく安全です。

 

②どうせ買うものに投資する

「一緒に買い物にいくのを拒否された」or「お返しをもらうのを遠慮している」場合に向いている方法がこれです。

夫婦となり新生活を始めると、今後必ず買う必要のあるものが出てきます。それを彼女さんのお金で買ってあげれば良いのです。

例えば家電。一緒に済む場合、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、掃除機、エアコン、暖房冷房、食洗機などいずれかを買う人がほとんどかと思います。

またベッドやダイニングテーブル、ソファ、テレビ台、収納家具もいいですね。特にベッド、ダイニングテーブルは長く2人で使うことが一般的なので愛着もわきますし。

「いらない」と答えた彼氏も「どうせ買うものであればと」納得してくれるはずです。

 

③結婚指輪を嫁マネーで買う

結婚指輪は婚約指輪と違い、1つ10万円程度で買えることも多いので、彼女さんが彼氏の分も合わせて買ってあげるのもおすすめです。

 

お返しを色々提案しても無理だったら諦める

と色々書いていきましたが、諸々提案しても反応がイマイチだったら諦めるのも手です!

ここまでして拒む状況で、ごり押ししても喧嘩になったりするだけですので、彼氏には「ありがとう。指輪大事にするね(はーと)」とか言って貯金にでも回しましょう。

※このハートがすごい大事だから。ほんとだからw。

彼氏にハートをたくさんあげれば、あなたにもハートがいっぱい返ってきますからね(はーと)

 

その他のおかえし案

ちなみに現金を返すという人もいるけど、個人的にはあまり嬉しくないですね。

旅行券という人もいます。現金よりはるかにマシですが、そんなに喜びはしないです。。

ただその辺は個人の価値観にもよるので、最終的には彼氏に相談して決めると良いでしょう(ありきたりw)。

 

婚約指輪のお返しをいらないと言われたときのまとめ

  • 彼氏はお返しが本当にいらないのか考えよう
  • なるべくあげた方が良い
  • お返しはあげれば喜ぶもの
  • いらないという人は①一緒に買いに行く ②生活必需品を買う ③結婚指輪を買ってあげる がおすすめ
  • どうしても拒むのならあげなくてもよい
これらを意識すればそーグッッドですよ!!
ツイッター(@keisuke_nishino)でも、結婚準備に役立つ情報をつぶやいています。